• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師のための2016年度診療報酬改定まとめ
  3. 転換期に問う「薬剤師」とは何をする人か? Vol.1

これからの薬局・薬剤師が目指すべき方向性

更新日: 2016年3月28日

第1回 転換期に問う「薬剤師とは何をする人か?」

 今、薬局や薬剤師は大きな転換点を迎えている。2016年度調剤報酬の改定内容を踏まえ、今後の薬局や薬剤師がどのような方向性で変わっていくべきか、その具体的な方策について、医師、薬局経営者、両方の立場から狭間 研至氏が語る。


不満を連ねても、改定内容は、変わらない

 2016年度調剤報酬改定の内容が発表されたが、その内容について、色々と言いたくなる薬局関係者は多い。「天井を上げてはしごを外された」「今まで医薬分業という国の方針のもとでやってきただけなのに」「こんなことをすると日本の薬局はなくなる」などなど、いかに国は分かっていないか、こんなひどいことはあるのか、と議論が白熱することも少なくない。
 しかし、である。この改定は、変わらない。いくつか追加の通知や解釈の中で、いわゆる激変緩和措置として、施行までに一定の猶予期間が設けられたり、多少の救済策が講じられたりするかもしれないが、基本的な流れは変わらないのが、今までの診療報酬改定の中でも通例である。

 今回の改定は一言で言えば「門前薬局の計数調剤に従来のような評価はしない」ということなのではないか。もちろん、処方せんに基づいて、疑義があれば照会をして解消し、正確・迅速に薬を準備・調製した後、分かりやすい服薬指導とともに薬をお渡しし、一連の行為については、遅滞なく薬歴に記載するということは、今後も薬物治療の遂行においては重要である。しかし、そこに対する手技料や情報管理や提供についての評価(=調剤報酬)は、これまでのように付けない、ということではないだろうか。ただ、この方針転換は、急に起こったものではない。確かに、この数年、薬剤師や薬局に関するいくつかのネガティブな出来事や事件があり、「バッシング」とも評されたこともあった。しかし、その根底には、実は大きな共通問題が確実に存在していたのだと考えている。

 それは、「薬剤師とは何をする人か?」ということである。


薬剤師は薬を渡す人、薬局は薬を置いてあるだけの

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

すべてのサービス・機能をご利用いただくには、
m3.com会員登録が必要です。

これからの薬局・薬剤師が目指すべき方向性

アクセス数ランキング

新着一覧

16万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

薬剤師コラムを読む

ソーシャルアカウントでログインしていただくと、「薬剤師コラム(一部除く)」をお読みいただけます。

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード

m3.com薬剤師をFacebookでフォローする

m3.com薬剤師をTwitterでフォローする