1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 服薬指導に役立つ!やくちちの薬の味見
  4. ラコールNF配合経腸用半固形剤ってどんな味?

服薬指導に役立つ!やくちちの薬の味見

更新日: 2022年4月24日

ラコールNF配合経腸用半固形剤ってどんな味?

服薬指導に役立つ!やくちちの薬の味見の画像

今回は在宅医療でも多く処方されている、大塚製薬グループが販売しているラコールNF配合経腸用半固形剤の味見を行いたいと思います。 私もそうですが調剤したことはあるものの、栄養剤の中身を見た事がないという方も多いかと思いますので、この記事が参考になれば幸いです。

ラコールについて

実際に味見を行う前にラコールNF配合経腸用半固形剤やその周辺の情報を紹介したいと思います。ラコールには液体タイプのラコールNF配合経腸用液と半固形タイプのラコールNF配合経腸用液があり液体タイプは経管・経口両方とも使用可能ですが、今回味見を行う半固形剤は、経口投与はできないので注意が必要です。
画像のように1つのパッケージに300gの半固形剤が入っており、カロリーは300kcal含まれております。

服薬指導に役立つ!やくちちの薬の味見の画像1

通常、以下のような加圧バッグ(画像1)を使い半自動で注入を行い、最後は絞り機のシボリー(画像2)のような器具を使い最後まで投与するパターンと、カテーテルチップシリンジ(画像3)を用いて手動で胃瘻への注入を行います。

服薬指導に役立つ!やくちちの薬の味見の画像1

画像1:PG加圧バッグII(製造販売業者:テルモ株式会社)

服薬指導に役立つ!やくちちの薬の味見の画像1

画像2:シボリーⅡ(テルモ株式会社)

服薬指導に役立つ!やくちちの薬の味見の画像1

画像3:カテーテルチップシリンジ(イラストAC)

大塚製薬工場によると…
通常のラコールNF配合経腸用液の経管投与時の速度は、通常 75~125 mL/時間です。 なお、年齢、体重、症状により、適宜増減します。投与速度が速いと、糖質が急速に小腸へ流入するため血糖値が上昇したり、下痢、胃の膨満や逆流、嘔吐の原因になるおそれがあります。
引用元:大塚製薬公式HP

一方、半固形剤は1包(300g)当たり6~9分での投与が可能となっており、投与に関する時間的な拘束が少なくてすみます。

また、基本的にはラコールNF配合経腸用液も半固形剤も栄養的には同じ組成となっていますが、水分量が、ラコールNF配合経腸用液は約85%、半固形剤は76%となっており、水分制限がある患者さんには半固形剤の方が良いですが、水分制限のない患者さんは脱水に気をつける必要があります。

服薬指導に役立つ!やくちちの薬の味見の画像1

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

薬剤師ときどき父の画像

薬剤師ときどき父
やくざいしときどきちち

2005年北里大学薬学部を卒業し、保険薬局で薬剤師として勤務をしています。2017年からは”薬剤師ときどき父”という名前でブログやTwitterなどのSNSで活動しています。ブログでは、小児用の散剤・ドライシロップ剤・水剤から、成人用のOD錠まで100種類以上の味見を行い、味の感想・製剤的な特徴を中心に紹介しています。

QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

服薬指導に役立つ!やくちちの薬の味見

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師ブロガー 禁忌 医薬品情報・DI 薬価改定 服薬指導 疑義照会 医療過誤・ヒヤリハット 業界動向 医療ニュース 医療クイズ