1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. ベンゼン三兄弟がレポート!薬剤師実態調査
  4. コロナとインフルエンザの同時検査キット試したことある?

ベンゼン三兄弟がレポート!薬剤師実態調査

更新日: 2023年1月30日 薬剤師コラム編集部

コロナとインフルエンザの同時検査キット試したことある?

ベンゼン三兄弟がレポート!薬剤師実態調査の画像

調剤室で生まれた「ベン」「ゼン」「カン」の三兄弟。薬剤師がイキイキと働けるようにお手伝いをしたい!と奮闘するベンゼン三兄弟が、薬剤師に聞いた実態調査をレポートします。

厚生労働省は2022年11月28日に一般向けとして、新型コロナウイルスとインフルエンザの両方の感染有無を調べることができる「同時検査キット」の販売を認めました。これにより発熱などの感冒症状を生じた場合、自宅で検査することが可能となっています。ただし購入の際には、薬剤師から使用方法などの説明を受けることが条件。対象は、医療用、OTCともに「高齢者、基礎疾患を有するもの、妊婦など重症化リスクの高い者や小学生以下の子ども」は除くとしています。

【新型コロナウイルス・インフルエンザ同時検査キット使用のポイント】
  • 発熱直後は感染している場合でも「陽性」にならず「偽陰性」となる可能性があるため、発熱から12時間以上経過してから使用する
  • 冷蔵庫や寒い室内で使用した場合に「偽陰性」となることがあるため、検査キットは2~30度で保管し適正に使用する
  • 鼻先2cmほどの場所に綿棒を入れて、定められた回数しっかりと綿棒を回転させて入念に採取する
  • 検体を採取した後、溶液が入った付属の容器に綿棒を入れて10回以上回して溶かす
  • 定められた陽性の色と違う色が出た場合や、ラインが薄くて判断できない場合には「偽陽性」の可能性があるため医療機関に相談するる

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

薬剤師コラム編集部の画像

薬剤師コラム編集部

「m3.com」薬剤師コラム編集部です。
m3.com薬剤師会員への意識調査まとめや、日本・世界で活躍する薬剤師へのインタビュー、地域医療に取り組む医療機関紹介など、薬剤師の仕事やキャリアに役立つ情報をお届けしています。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

ベンゼン三兄弟がレポート!薬剤師実態調査

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

コミュニケーション 医薬品情報・DI 医師に聞きました 薬物療法・作用機序 服薬指導 疑義照会 業界動向 国家試験 薬剤師に聞きました アンケート