ベンゼン三兄弟がレポート!薬剤師実態調査

更新日: 2023年6月5日 薬剤師コラム編集部

コロナ療養5日目安に…大丈夫?

ベンゼン三兄弟がレポート!薬剤師実態調査の画像

調剤室で生まれた「ベン」「ゼン」「カン」の三兄弟。薬剤師がイキイキと働けるようにお手伝いをしたい!と奮闘するベンゼン三兄弟が、薬剤師に聞いた実態調査をレポートします。

国立感染症研究所のデータによると、感染力のあるウイルスを排出する患者の割合について、症状が持続している患者も含め発症日を0日目として8日目(7日間経過後)で15%程度、11日目(10日間経過後)で4%程度。感染力のあるウイルスを排出する患者については、発症日を0日目として3日間程度は平均的に高いウイルス量となるが、4日目から6日目にかけて大きく減少し、6日目前後には発症日の20分の1~50分の1のウイルス量となり、ウイルス検出の限界に近づくとしています。また一般的にウイルスの排出量が下がると「他の人にうつしにくくなる」と見解を示しています。

そこで厚生労働省は令和5年5月8日以降、新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけ変更にともない、5日間は外出を控え、かつ症状が軽快して24時間が経過するまでは外出を控え様子を見ることを推奨。さらに周りの方への配慮として、10日間が経過するまではウイルスの排出の可能性があることから、不織布マスクの着用し、高齢者等のハイリスク者との接触は控える等、周りの方へうつさないよう配慮が必要としています。

ただし感染症法上の位置づけが5類に移行したことで、外出自粛を求める法的根拠がなくなり、療養期間に関しては個人の自主的な判断に委ねられています。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

薬剤師コラム編集部の画像

薬剤師コラム編集部

「m3.com」薬剤師コラム編集部です。
m3.com薬剤師会員への意識調査まとめや、日本・世界で活躍する薬剤師へのインタビュー、地域医療に取り組む医療機関紹介など、薬剤師の仕事やキャリアに役立つ情報をお届けしています。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

ベンゼン三兄弟がレポート!薬剤師実態調査

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

調剤報酬改定 服薬指導 疑義照会 業界動向 医薬品不足 ライフ・雑学 研修認定薬剤師資格 OTC医薬品 薬剤師に聞きました 専門・認定薬剤師資格