外来がん治療認定薬剤師やぎざいしの抗がん剤オンラインDI室

更新日: 2023年2月24日

抗がん剤のオンラインDI室”オシメルチニブ”について外乱がん治療認定薬剤師やぎざいしが解説

メインの画像1

前回は、ゼローダについて解説しました。手術不能または再発乳がん、結腸・直腸(大腸がん)、胃がんと主に3つの癌種に適応のある抗がん剤でしたね。今回は、オシメルチニブについて解説していきます。

1.オシメルチニブの適応

  • EGFR遺伝子変異陽性の手術不能又は再発非小細胞肺がん
  • EGFR遺伝子変異陽性の非小細胞肺がんにおける術後補助療法

オシメルチニブ(タグリッソ®)は、EGFR遺伝子変異陽性の非小細胞肺がんに使用するチロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)です。承認当初は「T790M変異」という既存のEGFR-TKIに対する耐性遺伝子を獲得した非小細胞肺がんのみ、つまり2次治療からしか使用することができませんでしたが、現在では1次治療から使用可能になっています。(2次治療から使う場合は、これまで通りT790M変異陽性の場合のみ)

また、術後補助療法にも適応となり、その売上高は全医薬品中第5位。いま肺癌領域では、最も使用されているEGFR-TKIとなっています。

2.オシメルチニブの用法用量

通常、成人にはオシメルチニブとして80mgを1日1回経口投与する。ただし、術後補助療法の場合は、投与期間は36カ月間までとする。なお、患者の状態により適宜減量する。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

やぎざいしの画像

やぎざいし
やぎざいし

薬剤師/外来がん治療認定薬剤師

経歴:大学卒業後、病院薬剤師として就職。2022年、外来がん治療認定薬剤師の認定取得。入院・外来のがん治療および緩和ケアに従事している。病院勤務の傍ら、当該資格認定を目指す薬剤師向けの支援活動や、「やぎざいし」名義でブログ/Twitterでの薬の知識の発信、医療系ライターとしても活動中。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

外来がん治療認定薬剤師やぎざいしの抗がん剤オンラインDI室

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師あるある 薬物療法・作用機序 服薬指導 ライフ・雑学 マンガ 医療クイズ 疾患・病態 ebm 感染症対策 アセスメント