• 薬剤師
  • コラムが読める

薬剤師が知っておきたい!内科疾患の事例検討

更新日: 2019年9月25日

シリーズ11

目標摂取カロリーへの理解と処方提案

治療、副作用マネジメント、チーム医療での薬剤師の関わりについて、様々な疾患を検討する連載コラムです。示された患者情報から後に続くQuestionを考えてみましょう。

体重減少及び食事摂取量の低下により、
①目標摂取カロリーは? 
②不足分をどのように補うか?(医薬品で)

A.
①160cmの患者の理想体重(BMI22):56.3kg
56.3kg×30kcal/kg=1689(≒約1700kcal)

②約700kcal不足とすると・・・
例1) ビーフリード® 210kcal/500mL/袋 1日2袋 = 420kcal
  エンシュア® 250kcal/缶 1日1缶 = 250kcal
計670kcal
例2) エンシュア® 250kcal/缶 1日1缶 = 250kcal
  エンシュアH® 375kcal/缶 1日1缶 = 375kcal
計625kcal
  1. 必要エネルギー量(1日必要カロリー(kcal/day))は・・・
    基礎エネルギー消費量×活動係数×ストレス係数で求めることが可能である。
    しかし・・・
    • 基礎エネルギー消費量(Harris-Benedict)は、
      男性:66.5+(13.75×体重kg)+(5.0×身長cm)-(6.76×年齢)
      女性:655.1+(9.56×体重kg)+(1.85×身長cm)-(4.68×年齢)
    • 活動係数
      寝たきり:1.0~1.1 、ベッド上安静:1.2 、ベッド外活動あり:1.3~1.4 、
      一般職業従事者:1.5~1.7
    • ストレス係数
      飢餓状態:0.6~0.9 、手術(軽度:1.1 、中等度:1.3~1.4 、高度:1.5~1.8)など
    これらを使用することで、必要エネルギー量を算出することは可能であるが、ベッドサイドで瞬時に算出ことは難しいため、簡易的な算出方法として、標準体重(身長m×身長m×22)に25あるいは30* を乗じたA.の計算式を用いることで簡易的ではあるが、必要エネルギー量を容易に算出可能となる。
    *:施設によって「25」あるいは「30」を乗じている
  2. A.はあくまで例であるが・・・
    「腸」が使える状態であれば、経腸栄養を第1選択することが重要である。
    「腸」が使用出来ない場合や患者自身の経腸栄養の摂取に限界がある場合は、輸液使用も考慮するべきである。

SNSなどの外部サービスアカウントでログインされた方にコラム新着記事をお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

薬剤師が知っておきたい!内科疾患の事例検討

アクセス数ランキング

新着一覧

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

薬剤師コラムを読む

SNSなどの外部サービスアカウントでログインしていただくと、「薬剤師コラム(一部除く)」をお読みいただけます。

SNSアカウントでログインされた方にコラム新着記事をお届けします。メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード