• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師国家試験問題にチャレンジ!
  4. Q.患児の病態及び検査に関する記述のうち、正しいのはどれか。

薬剤師国家試験問題にチャレンジ!

更新日: 2021年11月19日

丁寧解説! 認定薬剤師の画像1

第106回薬剤師国試問題

< 問292~293 >

患児の病態及び検査に関する記述のうち、正しいのはどれか。

13歳女児。身長127 cm、体重23 kg。多飲、多尿、口喝と1ヶ月に3 kgの体重減少があった。ある朝、全身倦怠感、下痢、嘔吐があり、意識障害となったため母親が救急車を要請し、病院に搬送された。1型糖尿病と診断され入院となった。搬送時の検査データを下に示す。
(検査値)
血糖値770 mg/dL、尿糖(4+)、尿蛋白(-)、尿中ケトン体(4+)、
Na 132.0 mEq/L、K 4.2 mEq/L、動脈血液ガスpH 7.1、HCO3- 9.0 mEq/L

< 問292 >

この患児の病態及び検査に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  • インスリン過剰状態にある。
  • アルカローシスによって、血中重炭酸イオンの減少がみられる。
  • 高血糖により脂肪分解が抑制されている。
  • 呼気中にアセトン臭が認められる。
  • Glutamic acid decarboxylase(GAD)抗体が陽性である可能性が高い。
回答・解説 表示

すべてのコラムを読むには m3.com に会員登録(無料)が必要です

学校法人医学アカデミー 薬学ゼミナール事業部の画像

学校法人医学アカデミー 薬学ゼミナール事業部

薬剤師国家試験対策予備校。全国15の教室とオンライン教室、青本などの試験対策本で薬剤師国家試験の受験生を応援します。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬剤師国家試験問題にチャレンジ!

この記事の関連記事

  • 国家試験 注目の問題
    医薬品に異物混入!検出法や対応法わかりますか!? 7月30日 原田 真理
    第106回薬剤師国家試験(国試)は、改訂薬学教育モデルコア・カリキュラム(改訂コア・カリ)に準拠した「新出題基準」で行われた初の国試です。 国試には、その時代背景に合わせた問題が出題されます。そのため、既に薬剤師免許を取得し、現場で活躍している薬剤師の方々にも、改めて国試をみていただき「いまの時代に問われている知識や資質」を再確認していただければと思います。さらに、新人薬剤師を採用する会社・店舗の薬剤師の皆さんにも新人がどんな勉強をしていたのかを知ることで、コミュニケーションのきっかけ作りに役立てていただきたいと思います。
  • 国家試験 注目の問題
    コロナ禍で行われた国試に感染対策が出題された 7月25日 坂口 努
    第106回薬剤師国家試験(国試)は、改訂薬学教育モデルコア・カリキュラム(改訂コア・カリ)に準拠した「新出題基準」で行われた初の国試です。 国試には、その時代背景に合わせた問題が出題されます。そのため、既に薬剤師免許を取得し、現場で活躍している薬剤師の方々にも、改めて国試をみていただき「いまの時代に問われている知識や資質」を再確認していただければと思います。さらに、新人薬剤師を採用する会社・店舗の薬剤師の皆さんにも新人がどんな勉強をしていたのかを知ることで、コミュニケーションのきっかけ作りに役立てていただきたいと思います。
  • 国家試験 注目の問題
    情報を正しく整理・伝えるのは薬剤師の使命です 7月22日 堀川 絵里
    第106回薬剤師国家試験(国試)は、改訂薬学教育モデルコア・カリキュラム(改訂コア・カリ)に準拠した「新出題基準」で行われた初の国試です。 国試には、その時代背景に合わせた問題が出題されます。そのため、既に薬剤師免許を取得し、現場で活躍している薬剤師の方々にも、改めて国試をみていただき「いまの時代に問われている知識や資質」を再確認していただければと思います。さらに、新人薬剤師を採用する会社・店舗の薬剤師の皆さんにも新人がどんな勉強をしていたのかを知ることで、コミュニケーションのきっかけ作りに役立てていただきたいと思います。
  • 国家試験 注目の問題
    バイオ医薬品について正しい説明ができますか? 7月17日 尾島 良太
    第106回薬剤師国家試験(国試)は、改訂薬学教育モデルコア・カリキュラム(改訂コア・カリ)に準拠した「新出題基準」で行われた初の国試です。 国試には、その時代背景に合わせた問題が出題されます。そのため、既に薬剤師免許を取得し、現場で活躍している薬剤師の方々にも、改めて国試をみていただき「いまの時代に問われている知識や資質」を再確認していただければと思います。さらに、新人薬剤師を採用する会社・店舗の薬剤師の皆さんにも新人がどんな勉強をしていたのかを知ることで、コミュニケーションのきっかけ作りに役立てていただきたいと思います。
  • 国家試験 注目の問題
    死因上位の肺炎はワクチンで予防できる? 6月23日 呉 理紗子
    第106回薬剤師国家試験(国試)は、改訂薬学教育モデルコア・カリキュラム(改訂コア・カリ)に準拠した「新出題基準」で行われた初の国試です。 国試には、その時代背景に合わせた問題が出題されます。そのため、既に薬剤師免許を取得し、現場で活躍している薬剤師の方々にも、改めて国試をみていただき「いまの時代に問われている知識や資質」を再確認していただければと思います。さらに、新人薬剤師を採用する会社・店舗の薬剤師の皆さんにも新人がどんな勉強をしていたのかを知ることで、コミュニケーションのきっかけ作りに役立てていただきたいと思います。

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師ブロガー 糖尿病 調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 服薬指導 医療過誤・ヒヤリハット 医療ニュース OTC医薬品 パーキンソン病 ファーマスタイル