1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師国家試験問題にチャレンジ!
  4. Q.患者の家族が処方箋を持参した。家族に行う説明として適切なのは?

薬剤師国家試験問題にチャレンジ!

更新日: 2021年12月23日

丁寧解説! 認定薬剤師の画像1

第106回薬剤師国試問題

< 問216~217 >

患者の家族が処方箋を持参した。家族に行う説明として適切なのは?

75歳男性。3年前にパーキンソン病と診断され、レボドパ100 mg・カルビドパ配合錠1日3錠、トリヘキシフェニジル塩酸塩錠2 mg1日3錠で薬物治療を継続していた。3ヶ月前にレボドパ100 mg・カルビドパ配合錠が1日5錠に増量になり(処方1)、さらに、今回から処方3が追加になった。処方2は、用法・用量の変更はなく継続中である。

(処方1)
レボドパ100 mg・カルビドパ配合錠   1回1錠(1日5錠)
1日5回 7時、10時、13時、16時、20時 14日分
(処方2)
トリヘキシフェニジル塩酸塩錠2 mg   1回1錠(1日3錠)
1日3回 朝昼夕食後 14日分
(処方3)
プラミペキソール塩酸塩水和物徐放錠0.375 mg   1回1錠(1日1錠)
1日1回 朝食後 14日分

< 問216 >

患者の家族が薬局に処方箋を持参した。薬剤師が家族に行う説明として適切なのはどれか。2つ選べ。

  • 処方1は胃腸障害を起こしやすいので、牛乳と一緒に服用しても構いません。
  • 体の一部が自然に動いてしまう不随意運動を抑えるため、処方3が追加になりました。
  • 処方3の影響で、暴食を繰り返すような行動が現れることがあるので、そのような症状が現れた場合は主治医に連絡してください。
  • 処方3により眠気が現れることがあるので、自動車等の運転は避けるようにしてください。
  • パーキンソン病の症状が改善されたら、直ちに処方3の薬剤の服用を中止してください。
回答・解説 表示

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

学校法人医学アカデミー 薬学ゼミナール事業部の画像

学校法人医学アカデミー 薬学ゼミナール事業部

薬剤師国家試験対策予備校。全国15の教室とオンライン教室、青本などの試験対策本で薬剤師国家試験の受験生を応援します。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬剤師国家試験問題にチャレンジ!

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

服薬指導 業界動向 国家試験 OTC医薬品 医療クイズ サプリメント・健康食品 ebm 感染症対策 薬剤師あるある アセスメント