1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 地域の取り組み最前線
  4. 薬剤師からの処方提案、コツは「患者さん」【茨城県薬剤師会会長に聞く】

地域の取り組み最前線

薬剤師からの処方提案、コツは「患者さん」

4師会が協力体制にある茨城県薬剤師会。信頼が生まれたエピソード

茨城県薬剤師会の会長 根本清美氏のインタビュー第2回。医師と強い信頼関係を築いたエピソードや、処方提案のコツなどを、調剤薬局勤務レポーターが伺いました。
前回の記事はこちら「困ったら、一番に薬剤師を思い浮かべてほしい」


住宅地図を広げて開業医に集患アドバイス。感謝が「信頼」に

──第29回茨城県薬剤師会学術大会において、4師会が一堂に会するのは、非常に珍しいことと感じましたが。

 茨城県は、人口当たり医師数が47都道府県中ワースト2位で、医師不足が深刻です。そのため茨城県では、医師会、歯科医師会、薬剤師会の3師会の協力関係は以前からありましたが、そこに看護協会を加えた4師会が相互に協力する体制ができており、信頼関係を築いてきました。

──具体的に4師の連携ではどのようなことができるのでしょうか。

 例えば日常業務においても、薬剤師の在宅訪問時、口腔衛生の保たれていない患者を確認すると、歯科医を受診勧奨するという連携が行われています。

 また、地域に密着している薬局だからこそ可能なアドバイスもしてきました。以前、薬局の近くに、眼科医院が開業しました。プールの季節など流行り病の時は混雑するものの、それ以外の季節は常に集患に苦戦しているようでした。そこで薬局が持つ地域情報を生かして、住宅地図にピンを立てながら、地域のどこにクリニックの看板を出す必要があるか、どんな疾患の診療を周知することが集患に有効かを眼科医院の院長に伝えたのです。院長には非常に喜んでいただき、今では年間を通じて、安定した集患ができるようになりました。

医師と相談。薬剤師が文献を探して症状改善

 薬学的な知見を活かす場面でも薬剤師ができることは多いと思います。
 腎機能の安定しない患者さんについて、医師と相談し、文献を探してきたことがありました。球形吸着炭製剤先発品のクレメジンとジェネリックにおいて、吸着能に違いがあったとして、2009年ジェネリック医薬品品質情報検討会が結論付けたもの※でした。文献をもとに、クレメジンで調剤するようになり、患者さんの腎機能は安定するようになりました。

医師が見つけることが難しかった文献を、薬剤師の知識を生かして探し出し、患者さんの症状改善に成功しました。
 病院と連携しプロトコールが行われている地域があることも、長年、地域で信頼関係が構築されてきたからだと思います。
 こうした活動を通じて日頃から多職種連携ができているからこそ、処方提案にも真摯に対応してくれるようになりました。

※レポーター注:各ジェネリック医薬品メーカーは、その後吸着性を改良し、現在はクレメジンと一定の同等性の認められた製品を販売しています。

薬剤師による処方提案。成功率をアップさせるコツ。

photo
平成14年より茨城県薬剤師会会長を務めている 根本先生

──今では医師から厚い信頼が寄せられているということですが、最初から処方提案が受け入れられていたわけではなかったと思います。何か、処方提案のコツなどありましたら、伝授いただけないでしょうか。

更新日: 2018年12月13日

続きを読む(会員登録する) »

新着一覧

  • 薬剤師のための「学べる医療クイズ」
    Q.ロコアテープとモーラステープの使用法で誤りは? 01月21日 NEW
    エスフルルビプロフェンテープ剤を貼布する際の正しい用法について、クイズを解いて復習しましょう。
  • 薬剤師スキルアップナビゲート
    薬剤師が押さえておきたい「精神疾患の基礎」 01月18日
    精神疾患の外来患者数は近年大幅に増加しており、他科医療機関、調剤薬局やドラッグストアでも精神疾患を有する患者さんと接する機会が増えました。精神疾患の基本的事項を押さておくことで、より適切な対応が可能となります。
  • 薬剤師に聞きました-現場のアレコレ編
    薬剤師が選ぶ10大ニュース結果発表① 01月16日
    薬剤師会員の皆さまに、2018年もっとも注目したニュースについてお聞きしました。
  • 薬剤師のための「学べる医療クイズ」
    Q.誤嚥性肺炎予防に適した降圧薬は? 01月14日
    嚥下機能が低下している高齢者に対して高血圧の薬物治療を行う際に適した降圧薬は何か、クイズを解いておさらいしましょう。
  • 地域の取り組み最前線
    薬剤師主導で、BZ、抗精神病薬の漫然投与回避【茨城県鹿島労災病院】 01月11日
    「第29回茨城県薬剤師会学術大会(2018年11月18日開催)」にて発表された口頭発表『医師不足問題を抱える地方病院における病棟薬剤師の取り組み』(井口 知美氏 / 鹿島労災病院)を現役・薬剤師レポーターがレポートします。
  • お得な会員限定キャンペーン案内
    『今日の治療薬2019』などの医学書をお得に購入する方法 01月09日
    『今日の治療薬 2019』『今日の治療指針 2019』『治療薬マニュアル 2019』『治療薬ハンドブック2019』など、定番医学書をお得に購入する方法をご紹介します。期間限定で事前予約キャンペーンも実施中。
  • 薬剤師のための「学べる医療クイズ」
    Q.ジゴキシンの血中濃度を上昇させる循環器用剤は? 01月07日
    「ジゴキシンの腎排泄が抑止され血中濃度が上昇する」との記載があるものは何か、5つの循環器用剤から選ぶクイズです。
  • 患者タイプ別 服薬指導のツボ(薬剤師向け)
    サプリメントをたくさん飲んでいる患者さん vol.22 01月04日
    今回は、医師には言わず薬剤師に何度も相談に来る患者さんがテーマです。「言えなくて…」の理由や気持ちにどう寄り添えば良いか、村尾先生がやさしくアドバイスします!
  • 薬歴ビフォーアフター ~薬歴の悩み、解決します~
    「プロブレム」が見つからないときはどうしたらいい? 12月28日
    薬歴記入のお悩みを解決する人気シリーズ。第5回は、「プロブレムが見つからない」というお悩み。服薬ケア研究所の岡村祐聡さんがズバリお答えします!
  • 地域の取り組み最前線
    プロトコール活用で疑義照会不要に【茨城県ひたちなか】 12月26日
    「第29回茨城県薬剤師会学術大会(2018年11月18日開催)」にて発表された口頭発表『ひたちなか地域における院外処方箋薬物治療管理プロトコールと残薬解消プロトコールに対する評価と有用性 (名越 ソッヴィリヤック ヴァッティ氏/友愛薬局ひたちなか店)』を現役・薬剤師レポーターがレポートします。
  • 薬剤師のための「学べる医療クイズ」
    Q.小児の中枢毒性に注意すべき抗菌薬は? 12月24日
    小児の中枢毒性に注意すべき抗菌薬はどれか、クイズを解いて復習しましょう。
  • お得な会員限定キャンペーン案内
    ふるさと納税で黒毛和牛が当たる!【12/31まで】 12月21日
    m3.com会員限定特典付き、さとふる「ふるさと納税」のご紹介です。期間限定の特典もあります。この機会にぜひご利用ください。

薬剤師の先生におすすめのm3.comサービス

薬剤師の限定サービスをご利用いただくには、 薬剤師プロフィールの登録 が必要です。

MR君

MR君

最新の医療情報・医薬品情報が届きます。

薬剤師掲示板

薬剤師掲示板

仕事の悩みやフリートークなど全国の薬剤師が集うコミニティ。

DI Station

薬剤評価 DI Station

薬剤師と医師限定。薬のクチコミや5段階評価が見られます。

10万人以上の薬剤師が登録する日本最大の医療従事者専用サイト

    • m3.com
       ご利用はすべて無料!
    • 最新医療ニュースやコラム、薬のクチコミ情報など、薬剤師・医師のための情報が集まっています。
    • 《人気記事の一部を紹介》
      ・服薬指導のコツ
      ・薬剤師のためのリーダー論
      ・都道府県別薬剤師年収ランキング
    • ご利用でポイントも貯まります!

m3.comを検索

注目キーワード