• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 地域の取り組み最前線
  4. 【地域の取り組み】薬剤師主導で、BZ、抗精神病薬の漫然投与回避|茨城県鹿島労災病院

地域の取り組み最前線

更新日: 2019年1月11日

薬剤師主導で、BZ、抗精神病薬の漫然投与を回避

医師、看護師とどう関わったのか?【茨城県薬剤師学術大会レポート】

photo
『医師不足問題を抱える地方病院における病棟薬剤師の取り組み』発表者:井口 知美氏(鹿島労災病院)

 「第29回茨城県薬剤師会学術大会(2018年11月18日開催)」に、現役・薬剤師レポーターが密着!今回のレポートは、薬剤師の井口 知美氏(鹿島労災病院)による口頭発表『医師不足問題を抱える地方病院における病棟薬剤師の取り組み』です。
  夜間・休日医師1人体制で、看護師が患者の不眠・不穏に対応してきた鹿島労災病院。漫然投与を懸念した病棟薬剤師主導により、看護師と連携し、病棟患者の不眠時・不穏時指示薬の見直しを行った事例です。

きっかけは漫然投与の懸念から。依存性のある薬の見直しへ

 薬剤師が主導となり、指示薬を見直すことになったきっかけについて、「当院では、夜間・休日は医師1人しかいないため、看護師が患者の不眠・不穏に対応しています。医師の指示のもと、不眠に対し、ベンゾジアゼピン系(以下、BZ)睡眠薬を、不穏に対し抗精神病薬を投与しますが、その後漫然投与となってしまうことに懸念を感じていました。BZや抗精神病薬には依存性があり、なかなか中止できなくなります。そこで、病棟薬剤師主導により、不眠時・不穏時の指示薬の見直しを行いました。」と、述べた。
 茨城県の中でも、鹿行医療圏は特に医師不足が深刻なエリア。「患者のために」という思いは共通。薬剤師と医師、看護師による連携が始まった。

photo
『医師不足問題を抱える地方病院における病棟薬剤師の取り組み』発表資料より

毎朝のミーティング・回診に参加。「看護師も不安だった」

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

すべてのサービス・機能をご利用いただくには、
m3.com会員登録が必要です。

キーワード一覧

地域の取り組み最前線

アクセス数ランキング

新着一覧

16万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

薬剤師コラムを読む

ソーシャルアカウントでログインしていただくと、「薬剤師コラム(一部除く)」をお読みいただけます。

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード

m3.com薬剤師をFacebookでフォローする

m3.com薬剤師をTwitterでフォローする