1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 地域の取り組み最前線

地域の取り組み最前線

モバイルファーマシーの導入など、地域の人たちのために独自の活動している薬剤師(薬剤師会)の特集です。

  • 薬学生が直面する現実「薬の先に人の命がある」 02月13日
    近年、かかりつけ薬剤師や地域連携、多職種連携など、薬剤師を取り巻く環境が大きく変化し続けています。今年から近畿地域で始動する先進的な実習の取り組みや、今後、薬剤師が直面する課題などを、近畿大学薬学部医療薬学科の伊藤栄次教授に、薬剤師レポーターが質問しました。
  • 大阪「やってみなはれの根性」で生まれた『調剤支援車』 02月06日
    2018年12月9日、近畿大学で行われた『第5回国際救急災害シンポジウム』。医師、薬剤師、看護師、救急救命士などが参加する本シンポジウムにおいて、大阪府薬剤師会(以下、大阪府薬)は(株)ユヤマと協力し、災害時調剤支援車(以下、調剤支援車)を出展しました。
  • ケアマネと作る「服薬管理のしくみ」【茨城県古河市】 01月30日
    「第29回茨城県薬剤師会学術大会(2018年11月18日開催)」にて発表された口頭発表『薬剤師とケアマネージャーの連携による継続性のある服薬管理の仕組みづくり性 (高橋 真吾氏/古河中央薬局日赤前))』を現役・薬剤師レポーターがレポートします。
  • 薬剤師主導で、BZ、抗精神病薬の漫然投与回避【茨城県鹿島労災病院】 01月11日
    「第29回茨城県薬剤師会学術大会(2018年11月18日開催)」にて発表された口頭発表『医師不足問題を抱える地方病院における病棟薬剤師の取り組み』(井口 知美氏 / 鹿島労災病院)を現役・薬剤師レポーターがレポートします。
  • プロトコール活用で疑義照会不要に【茨城県ひたちなか】 12月26日
    「第29回茨城県薬剤師会学術大会(2018年11月18日開催)」にて発表された口頭発表『ひたちなか地域における院外処方箋薬物治療管理プロトコールと残薬解消プロトコールに対する評価と有用性 (名越 ソッヴィリヤック ヴァッティ氏/友愛薬局ひたちなか店)』を現役・薬剤師レポーターがレポートします。
  • インフル有害事象、薬別の違いは見られず【茨城県】 12月19日
    「第29回茨城県薬剤師会学術大会(2018年11月18日開催)」にて発表された薬剤師の廣澤 明子氏(絹の里薬局)による口頭発表『2017/18シーズン抗インフルエンザ薬調剤患者への後日聞き取り調査』を現役・薬剤師レポーターがレポートします。 調査の過程で、「連絡時、ちょうど嘔吐で苦しんでいた患者さんがいました」といったリアルな体験談も。調査結果だけでなく、85%という高い電話回答率が得られた理由にも注目です。
  • 薬剤師からの処方提案、コツは「患者さん」【茨城県薬剤師会会長に聞く】 12月13日
    茨城県薬剤師会の会長 根本清美氏のインタビュー第2回。医師と強い信頼関係を築いたエピソードや、処方提案のコツなどを、調剤薬局勤務レポーターが伺いました。
  • 「困ったら、一番に薬剤師を思い浮かべてほしい」【茨城県薬剤師会会長に聞く】 12月05日
    1985名の薬剤師が加盟する(2018年11月現在)茨城県薬剤師会の会長 根本清美氏に、調剤薬局勤務薬剤師のレポーターが話を伺いました。

16万人以上の薬剤師が登録する日本最大の医療従事者専用サイト

    • m3.com
       ご利用はすべて無料!
    • 最新医療ニュースやコラム、薬のクチコミ情報など、薬剤師・医師のための情報が集まっています。
    • 《人気記事の一部を紹介》
      ・服薬指導のコツ
      ・薬剤師のためのリーダー論
      ・都道府県別薬剤師年収ランキング
    • ご利用でポイントも貯まります!

m3.comを検索

注目キーワード

m3.com薬剤師をFacebookでフォローする

m3.com薬剤師をTwitterでフォローする