• 薬剤師
  • コラムが読める

薬剤師のための【中医学の基礎】漢方服薬指導に自信がつく!

更新日: 2019年11月20日

患者さんの状態を把握するのに役に立つ
~五行学説~

患者さんの状態を把握するのに役に立つ ~五行学説~の画像

薬剤師のための中医学の基礎、シリーズ第二回目は「五行学説」についてお話いたします。知っておくと投薬のとき、患者さんへのワンポイントアドバイスに役立つかもしれません。

参考資料
「中医学基礎理論」東洋医学研究会、神戸中医学院
「図説中医学概念」汪先恩著 山吹書店
「体質改善のための薬膳」日本国際薬膳師会 著 辰巳 洋 監修緑書房

自然界を構成する要素を5つに分類する「五行学説」

五行学説とは古代中国に端を発する自然哲学の思想です。五行とは万物は自然界を構成する代表的な五つの要素「木」「火」「土」「金」「水」からなるという考え方で、この要素が互いに影響しあいバランスを取って存在しています。中医学ではこの五行学説に基づき「肝」「心」「脾」「肺」「腎」の五臓をはじめとした体のさまざまな器官を五行の特性に合わせて分類し、病気の診断や治療に応用しているのです。
五行は互いに影響しあい、バランスをとっていますが、その関係は大きく分けると「相生」と「相剋」の2つになります。

その2つの関係を図式にしたのが図1です。

患者さんの状態を把握するのに役に立つ ~五行学説~ 自然界を構成する要素を5つに分類する「五行学説」の画像

図の赤の矢印は「相生」の関係といって、助けあう関係、またひとつの要素が他の要素を生み出す関係にあります(母子関係)。一方、黒の矢印は「相剋(そうこく)」といって互いを抑制する関係にあります。この2つの関係で全体のバランスをとっているのです。

五行学説の臓と西洋医学の臓器

この五臓をはじめとした5つの要素はそれぞれ健康状態を維持したり、異常の修復を行ったりするように働いてバランスを取っていますので、ひとつの臓に不調があるとそれと相生や相剋の関係にある臓についても影響を与えるということも頭に入れておいてください。

すべてのコラムを読むにはm3.comに会員登録(無料)が必要です

河本 ちかこの画像

河本 ちかこ
かわもと ちかこ

薬科大学を卒業後外資系企業にてMR、新製品企画部にて勤務。その後、企業の経営を学ぶべく大学院でMBAを取得する。MBA取得後は医薬品業界の市場分析などを執筆する傍ら薬膳アドバイザー、食育インストラクターなどの資格を取得。健康な体は日々の食事からをモットーに、現在は薬局薬剤師として勤務しながら中医学の見識を深めるために中国人医師のもとで勉学にいそしんでいる。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬剤師のための【中医学の基礎】漢方服薬指導に自信がつく!

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード