• 薬剤師
  • コラムが読める

薬剤師のための【中医学の基礎】漢方服薬指導に自信がつく!

更新日: 2020年3月18日

漢方における体質の捉え方〜体質改善法

薬剤師のための中医学の基礎、第4回は、漢方における体質の分類をお届けします。多くの体質が出てきますが、特徴、改善法はそれぞれ違うので間違えないようにしましょう。

体質の分類には「陰陽学説」「五行学説」「気血津液」を使う

中医学でいうところの体質の分類方法ですが、これまで「漢方に関する基礎知識シリーズ」で述べてきた「陰陽学説」「五行学説」「気血津液」などの考え方を用います。

漢方の基礎知識をおさらいしよう!

(図1:体質の分類)

体質は「良質な体質」「虚性体質」「実性体質」「複合体質」の4種類に大きくわけられます。さらに「虚性体質」は「気虚体質」「陽虚体質」「血虚体質」「陰虚体質」の4種類、「実性体質」は「陽盛体質」「痰湿体質」「気鬱体質」「血瘀体質」の4種類にわけられます。(図1参照)複合体質は「虚性体質」と「実性体質」の複合ですが、少し複雑なので割愛し、ここでは「虚性体質」と「実性体質」について解説したいと思います。

はじめに、中医学の考え方において人間は自然界の中の一部と考えられています。良質な体質を維持するためには地球環境にあった食生活をし、自然の規則にのっとった生活を営むことが大切だと考えられています。それゆえ、季節、年齢、環境の変化に合わせた食事をすることで「良質な体質」を維持できると考えます。
一方、良質ではない体質のうち「虚性体質」とは、体に必要な要素が虚=不足している状態です。「実性体質」とは逆に臓腑の働きが旺盛で、水の停留や気・血のめぐりの渋滞などが現れる体質のことを指します。

この記事の続きを読むには

Lazy

河本 ちかこ かわもと ちかこ

薬科大学を卒業後外資系企業にてMR、新製品企画部にて勤務。その後、企業の経営を学ぶべく大学院でMBAを取得する。MBA取得後は医薬品業界の市場分析などを執筆する傍ら薬膳アドバイザー、食育インストラクターなどの資格を取得。健康な体は日々の食事からをモットーに、現在は薬局薬剤師として勤務しながら中医学の見識を深めるために中国人医師のもとで勉学にいそしんでいる。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬剤師のための【中医学の基礎】漢方服薬指導に自信がつく!

アクセス数ランキング

新着一覧

16万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード