すぐ読める!診療報酬改定2024のポイント

更新日: 2024年3月11日 小原 一将

調剤報酬改定で最初におさえたい4点

調剤報酬改定で最初におさえたい4点メインの画像1

「診療報酬改定2024まとめ」の画像

2024年度報酬改定の個別改定項目について答申内容が公開されました。今回は、これまでの報酬改定から変更になった内容を中心に解説します。1回目の本記事は全体の概要、2回目はその詳細、3回目は在宅関連の変更点を解説します。忙しくてなかなか時間が取れないという方は、まずは本記事を読んで、ざっくりと全体を把握してみてください。

(2月24日時点の情報をもとに執筆しています。最新の情報は厚生労働省ホームページなどから確認ください)

調剤基本料の引き上げと地域支援体制の引き下げ

前回の記事でもお伝えしましたが、調剤基本料はそれぞれ3点引き上げられ、地域支援体制加算は要件の見直しとそれぞれ7点引き下げが行われます。

ただし、調剤基本料2の対象範囲が見直され、いわゆる医療モールのように特定の医療機関からの処方箋応需が多い薬局は、基本料の点数が下がる可能性があります。

また、特別調剤基本料AとBの区分がなされ、5割以上の処方箋を同一敷地内の医療機関から受け付けている薬局(いわゆる敷地内薬局)は特別調剤基本料Aの要件となり、そのうち届出を提出していない薬局については特別調剤基本料Bが適用となりました。特別調剤基本料を算定している場合、加算が算定できなかったり減算される報酬があったりと厳しい改定になっています。

このように医療モールや敷地内薬局においてはかなり厳しい改定であり、それ以外の薬局にとっても地域支援体制加算によって減算となるところも多いでしょう。

新設 医療DX推進体制整備加算

調剤基本料は引き上げられても、地域支援体制加算は減算、従業員の賃上げも考えないといけない中、薬局としての改定の取り組みとしてはこの新設された医療DX推進体制整備加算を算定できるように努めることがひとつの方法になります。

施設基準としては下記の通りです。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

小原 一将の画像

小原 一将
こはら かずまさ

薬剤師/株式会社sing代表取締役
2009年京都薬科大学を卒業後、様々な保険薬局で勤務。薬剤師の価値をもっと社会に届けたいと考え、2019年12月に株式会社singを設立。「頼れる薬剤師が身近にある社会をつくる」をビジョンとして、薬剤師の教育や新しい働き方の支援を行っている。
Apple製品好きであり、薬剤師の業務や医療の発展に活用できないか日々考えている。

キーワード一覧

すぐ読める!診療報酬改定2024のポイント

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

薬剤師がm3.comに登録するメリットの画像

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

調剤報酬改定 ライフ・雑学 年収・待遇 ファーマスタイル 医療クイズ 転職 ebm 感染症対策 薬剤師あるある アセスメント