すぐ読める!診療報酬改定2024のポイント

更新日: 2024年3月14日 小原 一将

【2024年診療報酬改定】在宅医療に関する個別項目の変更点

【2024年診療報酬改定】在宅医療に関する個別項目の変更点メインの画像1

「診療報酬改定2024まとめ」の画像

2024年度報酬改定の個別改定項目について答申内容が公開されました。今回は、これまでの報酬改定から変更になった内容を中心に解説します。1回目では全体の概要、2回目ではその中でも特に注目する箇所の詳細、3回目の本記事は在宅関連の変更点を解説します。忙しくて改定を読み込む時間がないという方は、まずは本記事を読んで、ざっくりと全体を把握してみてください。

(2月24日時点の情報をもとに執筆しています。最新の情報は厚生労働省ホームページなどから確認ください)

既存の訪問管理指導料の見直し

“在宅患者訪問薬剤管理指導料”について、末期の悪性腫瘍及び中心静脈栄養法の患者さんだけではなく、注射による麻薬の投与が必要な患者さんに対する定期訪問の上限回数も週2回かつ月8回までに見直されました。”在宅患者オンライン薬剤管理指導料”についても同様の変更が行なわれます。

“在宅患者緊急訪問薬剤管理指導料”の緊急訪問の上限回数についても、末期の悪性腫瘍や注射による麻薬の投与が必要な患者さんの場合は、

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

小原 一将の画像

小原 一将
こはら かずまさ

薬剤師/株式会社sing代表取締役
2009年京都薬科大学を卒業後、様々な保険薬局で勤務。薬剤師の価値をもっと社会に届けたいと考え、2019年12月に株式会社singを設立。「頼れる薬剤師が身近にある社会をつくる」をビジョンとして、薬剤師の教育や新しい働き方の支援を行っている。
Apple製品好きであり、薬剤師の業務や医療の発展に活用できないか日々考えている。

キーワード一覧

すぐ読める!診療報酬改定2024のポイント

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

薬剤師がm3.comに登録するメリットの画像

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

医薬品情報・DI 調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 服薬指導 医療過誤・ヒヤリハット 漢方 ライフ・雑学 年収・待遇 ファーマスタイル 医療クイズ