• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師人気コラムコメントまとめ
  4. 「機械に指示を与えるのは人間」「良い服薬指導は人でなければ無理」

薬剤師人気コラムコメントまとめ

更新日: 2018年6月6日

「機械に指示を与えるのは人間」「良い服薬指導は人でなければ無理」

薬剤師で弁護士としても活躍する赤羽根秀宜先生が、導入が進んできた調剤業務の機械化について法的視点から検証した、<解決!薬剤師の仕事と法律> vol.6「調剤業務は、機械(ロボット)にすべて任せられるのか?」に寄せられた、薬剤師会員の皆様のコメントをまとめてご紹介します!

「機械に指示を与えるのは人間」「良い服薬指導は人でなければ無理の画像
1分でわかる人気コラム概要

<解決!薬剤師の仕事と法律> vol.6

調剤業務は、機械(ロボット)にすべて任せられるのか?

  • 機械にまかせられる薬剤師の業務は!?
  • 規定に例外はあるものの、調剤は薬剤師の独占業務
  • 機械で行ったとしても薬剤師の調剤と同等の安全性がなければいけない

元の記事はこちら

コメント紹介

機械に指示を与えるのは人間。かえって手間がかかる

「機械に指示を与えるのは人間」「良い服薬指導は人でなければ無理」機械に指示を与えるのは人間。かえって手間がかかるコメントの画像1

ロボットへの薬の補充も人、その確認も人。かえって手間がかかります。充填間違いで死亡事故も起こっています。錠剤監査システムはミスがほぼゼロになります。1人薬剤師の場合は監査システムを義務づけて欲しいです。1人薬剤師の場合は事務員に再確認してもらう事が多いですが、彼らは基本的に無責任な立場ですから、薬剤師はいつも危険と隣合わせです。監査システムの方が99%ミスを防げます。ぜひ推進おねがいします。1人薬剤師でなくとも、有用でミスは激減します。
(兵庫県・A先生)

「機械に指示を与えるのは人間」「良い服薬指導は人でなければ無理」機械に指示を与えるのは人間。かえって手間がかかるコメントの画像2

機械や人工知能に指示を与えるのは人間です。そのプログラミング・指示が適切かどうか判断するために、薬剤師は必要です。部分的に機械の方が正確な仕事はあるので、どんどん任せていけるとは思いますが、それを適切かどうか判断できる人、その患者に合ったものであるか、この状況で適切か、適切でない場合、どこから人の手やいつもと違う手順で介入するか?それまで判断できる人工知能ができたら、いらなくなるかもです。
(愛知県・T先生)

「機械に指示を与えるのは人間」「良い服薬指導は人でなければ無理」機械に指示を与えるのは人間。かえって手間がかかるコメントの画像3

ロボットは教えたことはできるが、それ以外は何もできない(しない)ということが分かり、最終的には人に責任がかかってくるんだな…ということが分かり参考になりました。
(京都府・K先生)

「機械に指示を与えるのは人間」「良い服薬指導は人でなければ無理」機械に指示を与えるのは人間。かえって手間がかかるコメントの画像4

機械が動かなくなった時のことも考える必要があると思います。また、機械だって間違えることはあります。
(神奈川県・S先生)

「機械に指示を与えるのは人間」「良い服薬指導は人でなければ無理」機械に指示を与えるのは人間。かえって手間がかかるコメントの画像5

無理。紙つまりや落下エラー、バイアルのつかみ取りエラーなど、各種のトラブルが発生しており、現状ではまだ人によるエラー監視・トラブル対応や最終チェックが必要なこの頃。
(愛知県・M先生)

良い服薬指導は人でなければ無理

「機械に指示を与えるのは人間」「良い服薬指導は人でなければ無理」機械に指示を与えるのは人間。かえって手間がかかるコメントの画像6

機械で調剤できるにしても、それぞれの患者さんとの面談において、注意点などの情報の追加をしていくことが重要なため、情報のメンテナンスは人が行わないといけない業務だとおもいます。
(長野県・N先生)

「機械に指示を与えるのは人間」「良い服薬指導は人でなければ無理」機械に指示を与えるのは人間。かえって手間がかかるコメントの画像7

調剤業務はできると思います。監査までも任せられると思います。服薬指導とカウンセリング的な部分が人でなければできない部分でしょう。
(熊本県・T先生)

「機械に指示を与えるのは人間」「良い服薬指導は人でなければ無理」機械に指示を与えるのは人間。かえって手間がかかるコメントの画像8

患者の思いを受け止めて、良きアドバイスをできるのは人で無ければできないでしょうね。これ以外の調剤業務は、機械ロボットで自動化できると思います。しかし、1日40人程度の患者数では待機時間ばかりとなって宝の持ち腐れです。
(千葉県・O先生)

プロフィール
赤羽根 秀宜(あかばね ひでのり)先生の画像

赤羽根 秀宜(あかばね ひでのり)

薬剤師として調剤薬局に10年勤務する傍ら、司法試験に合格。弁護士として、医療・薬事・健康・介護にかかわる業務のほか、企業法務や一般民事も多く取り扱っている。また、業界誌等での執筆、講演も数多く行い、大学でも非常勤講師として講義を持ち教育にも携わっている。
主な著書は『赤羽根先生に聞いてみよう 薬局・薬剤師のためのトラブル相談Q&A47』『薬局・薬剤師のための医療安全にかかる法的知識の基礎』など多数。

質問&感想募集中
赤羽根先生への質問や本コラムの感想をお寄せください。

質問・感想を書く

SNSなどの外部サービスアカウントでログインされた方にコラム新着記事をお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

薬剤師人気コラムコメントまとめ

アクセス数ランキング

新着一覧

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

薬剤師コラムを読む

SNSなどの外部サービスアカウントでログインしていただくと、「薬剤師コラム(一部除く)」をお読みいただけます。

SNSアカウントでログインされた方にコラム新着記事をお届けします。メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード