• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師のための最新コロナ対策
  4. 新型コロナウイルスワクチンとはどんなもの?

薬剤師のための最新コロナ対策

更新日: 2021年2月11日

新型コロナウイルスワクチンのmRNAワクチンやウイルスベクターワクチンとは?

新型コロナウイルスワクチンのmRNAワクチンやウイルスベクターワクチンとは?の画像1

日本政府が正式に導入を予定している海外で開発された新型コロナウイルスワクチンは、ファイザー社とモデルナ社のmRNAワクチンとアストラゼネカ社の遺伝子組換えチンパンジーアデノウイルスベクターワクチンです。これらのワクチンは、今まで国内で使用されていたワクチンとは異なる新しいタイプのワクチンです。では、どのような特徴があるのでしょうか。また、気になる効果の持続時間や、変異種への効果について、現在までに分かっていることをご紹介します。

新型コロナワクチンに使われるワクチンの種類

mRNAワクチンとは

mRNAワクチンは、新型コロナウイルスの表面にあるスパイクタンパク質の遺伝子全体を用いたワクチンです。分解を防ぐために脂質ナノ粒子でカプセル化したメッセンジャーRNAを被接種者の体内に入れ、標的細胞内に入ったメッセンジャーRNAは、ウイルス抗原(通常はスパイクタンパク質の全長もしくは一部)の鋳型を形成させます。このとき、標的細胞内ではリボソームによりメッセンジャーRNAを設計図とする翻訳がなされ、その工程において抗原タンパク質が生成されます。結果として抗体産生と細胞性免疫の両方を誘導するように働く仕組みです。

一般的に、体内に入ったmRNAそのものは数分から数日の間に分解されていきます。ヒトの場合、mRNAはDNAに基づき作られるものですが、逆にmRNAからDNAが作られることはないので、mRNAが人の遺伝情報(DNA)に組み込まれたり、長期的にその情報が体内に残ったりすることはないと考えられています。mRNA ワクチンがヒト用に実用化されるのは今回が初めてとなります。

ウイルスベクターワクチンとは

ウイルスベクターワクチンとは、アデノウイルスなどの感染力のあるウイルスに特定の遺伝子を組み込んで人体に投与するものです。ベクター(運び屋)としてのウイルス自体には病原性はなく、人体内で複製されて増殖するものと、複製されずに人体内で増殖できないものとがあります。mRNAワクチンと同様に、ヒトの細胞内で遺伝子からタンパク質が合成され、免疫応答が起こる仕組みです。

既に、先天性の代謝疾患や癌の治療に応用されている他、感染症領域においてもエボラ出血熱のワクチンとして、海外では実用化されています。

アストラゼネカ社とオックスフォード大学の共同開発で用いられているワクチンは、チンパンジーアデノウイルスを用いたもので、人体内で複製できません。ベクターにSARS‐Cov‐2のスパイクタンパク質の遺伝子を組み込まれており、これによりスパイクタンパク質に対する免疫が誘導されます。

その他の開発中のワクチン

その他、現在開発中の新型コロナワクチンとしては、組み換えタンパクワクチン、細胞培養不活化全粒子ワクチン、DNAワクチンなどがあります。

新型コロナウイルスのワクチンの効果はどれくらい?

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

※現在、ソーシャルログイン機能を停止しております。
ご迷惑をお掛けしますが、新規会員登録の上、ご利用ください。

薬剤師コラム編集部の画像

薬剤師コラム編集部

「m3.com」薬剤師コラム編集部です。
m3.com薬剤師会員への意識調査まとめや、日本・世界で活躍する薬剤師へのインタビュー、地域医療に取り組む医療機関紹介など、薬剤師の仕事やキャリアに役立つ情報をお届けしています。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬剤師のための最新コロナ対策

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード