• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 糖尿病の豆知識
  4. 【糖尿病】低血糖対策にブドウ糖の投与を指導するには

糖尿病の豆知識

更新日: 2019年12月20日

【第7回】薬剤師のための糖尿病治療の豆知識
~患者さんの変化に気づき、正しく指導できるようになろう~

【第7回】薬剤師のための糖尿病治療の豆知識 ~患者さんの変化に気づき、正しく指導できるようになろう~の画像

連載第7回では、低血糖の症状とその対策について考えてみます。低血糖の症状にはブドウ糖の投与が一番ですが、そのやり方、それ以外の対策についても解説します。

【文献1】
Atkinson FS, Foster-Powell K, Brand-Miller JC (2008)
International Tables of Glycemic Index and Glycemic
Load Values: 2008. Diabetes Care 31: 2281-2283

低血糖のときの症状と対策方法〜ブドウ糖の投与を指導するには

重症低血糖も患者さんの予後を悪くします

今回は、急性期副作用として最も大切な低血糖についてまとめて行きたいと思います。高血糖が血管を痛め、さまざまな予後を悪くすることは有名ですが、重症低血糖も予後を悪くしていることは知っておられるでしょうか?

日本でも2012年の熊本宣言で行われたようにHbA1c7%未満を目指しましょうと示されました。しかし、同時に「低血糖が起こるくらいなら、目標とするHbA1cを少し緩めた方がいいですよ」となっており、低血糖の影響がいかに大きいかを表しています。そこで、低血糖の症状、対応策について整理していきたいと思います。

低血糖の症状は教科書通りではありません

低血糖の症状は、軽度な空腹感やイライラ感などからはじまります。また、多くの患者さんが訴えるのは、中等度の交感神経反射(暑いと感じるかどうかは関係のない異常発汗や手などの震えなど)です。重度になると低血糖昏睡を起こし意識を失ってしまうこともあります。

【第7回】薬剤師のための糖尿病治療の豆知識 ~患者さんの変化に気づき、正しく指導できるようになろう~ 低血糖の症状は教科書通りではありませんの画像

教科書では上記のような記載がされていると思いますが、現場で見ていると、想定を超える症状を訴える患者さんもおられます。例え…

すべてのコラムを読むにはm3.comに会員登録(無料)が必要です

柳瀬 昌樹の画像

柳瀬 昌樹
やなせ まさき

薬剤師。薬科大学を卒業後、現在に至るまで病院勤務を続け、糖尿病、感染症などの専門資格を取得。医師の先生方からの全面的ご協力の下、日々奮闘中。
主な取得資格:糖尿病療養指導士、糖尿病薬物療法認定薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師、日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師、実務実習認定薬剤師
所属学会:日本糖尿病学会、日本くすりと糖尿病学会(認定薬剤師認定委員兼務)、日本化学療法学会、日本病院薬剤師会
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

糖尿病の豆知識

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード