• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 糖尿病の豆知識
  4. 薬剤師の私が糖尿病資格を取った理由

糖尿病の豆知識

更新日: 2020年4月1日

【第10回】 番外編―「私が糖尿病に関する専門資格を取った理由とその後」

【第10回】 番外編―「私が糖尿病に関する専門資格を取った理由とその後」の画像

糖尿病の世界では長年、患者さんの総死亡を減少させる(長生きできる)治療法の確立を目指してきました。ここ最近、SGLT2阻害薬やGLP-1受容体作動薬により総死亡を抑制できたという臨床試験結果が出たことで、各国のガイドラインなどが大きく変わってきています。
糖尿病療養指導士、糖尿病薬物療法認定薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師の資格を持ち、日本糖尿病学会、日本くすりと糖尿病学会、日本化学療法学会に所属する著者が薬剤師の皆さんに知っておいて欲しい糖尿病治療のポイントをご紹介します。

この糖尿病豆知識シリーズも記念すべき10回目を迎えることができました。ここまで読んでいただきました読者のみなさまに感謝申し上げます。
さて、記念すべき10回目は、番外編として、私が糖尿病に関する専門資格を取った理由と、取得して感じていることについて話していきたいと思います。


【第10回】 番外編―「私が糖尿病に関する専門資格を取った理由とその後」の画像2

専門医だけでカバーできない!?私が糖尿病の専門資格を取った理由

まず、みなさまは日本にどのくらいの糖尿病患者さんがおられるかご存知でしょうか?処方せんを調剤している薬剤師であれば、糖尿病治療薬を見ない日はないと言っても過言ではないほど、糖尿病患者さんがたくさんいると感じている方は多いと思います。
少し古いデータではありますが、2016年の国民健康・栄養調査では、「糖尿病が強く疑われる者」と「糖尿病の可能性を否定できない者」を合わせると約2000万人にのぼると報告されています。つまりすでに6人に1人は糖尿病の可能性が否定できないという時代になっているのです。
さらに、高齢者の糖尿病患者さんが増えているため、さまざまな面で治療が困難になることも多くなってきました。
それに対して、日本にいる糖尿病専門医は約6000人。全てを専門医でカバーするなんて不可能な数字です。

【第10回】 番外編―「私が糖尿病に関する専門資格を取った理由とその後」 「糖尿病が強く疑われる者」と「糖尿病の可能性を否定できない者」の推計人数の年次推移の画像

そこで、「患者さんをほかの専門家でもカバーしよう」と、専門家同士が連携して、より質の高い医療の提供を目指そうと考えられるようになり、医師以外の医療職にもさまざまな専門資格ができてきました。
薬剤師の糖尿病領域における専門資格の代表として、「日本糖尿病療養指導士」と「糖尿病薬物療法認定薬剤師」があります。また、各都道府県レベルでも専門性を高めるためにローカル糖尿病療養指導士(LCDE)が立ち上がっています。糖尿病領域では、これらの専門資格を有する医療職により、他職種との連携、サポート体制を強め、質の高い、広い範囲での診療が求められています。

糖尿病におけるチーム医療の重要性

私自身が一員となって構成している糖尿病のチーム医療の役割、活用を考えていきたいと思います。患者さんによっては、「医師には話したいけど、薬剤師には言わない」などという複雑な思いがあります。われわれでも、いろいろな話をする相手としない相手がわかれるように、患者さんがこのように思うのは当然なのです。
そこでチーム医療の本領が発揮されます。まず、情報の共有です。患者さんがさまざまな医療者に話している内容を共有することで新たな問題点を見つけ出し、チーム連携により、他職種の人と同じアウトカムに向かって多方面からアプローチをかけることができます。
「複数の人が自分のことを見てくれている」。患者さんがそう思えるだけでも、診療に対する十分な動機づけになっていると感じています。そして、糖尿病の治療においては、この動機付け・患者さんの協力が、とても重要となります。
たくさんの患者さんをカバーするためには、たくさんのONE TEAMが必要であり、そこには決して1:1のマンツーマンではできない大きなメリットがあるのではないでしょうか?
当院でも専門医の先生の全面的なご協力のもと、医師、薬剤師、看護師、栄養士、臨床検査技師、理学療法士のメンバー構成で週1回の回診を行なっています。やはり多方面からいろいろなアプローチを行うことができて、医療の質が上がっていると実感できますし、なにより自分自身にとって勉強になります。

すべてのコラムを読むにはm3.comに会員登録(無料)が必要です

柳瀬 昌樹の画像

柳瀬 昌樹 やなせ まさき

薬剤師。薬科大学を卒業後、現在に至るまで病院勤務を続け、糖尿病、感染症などの専門資格を取得。医師の先生方からの全面的ご協力の下、日々奮闘中。
主な取得資格:糖尿病療養指導士、糖尿病薬物療法認定薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師、日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師、実務実習認定薬剤師
所属学会:日本糖尿病学会、日本くすりと糖尿病学会(認定薬剤師認定委員兼務)、日本化学療法学会、日本病院薬剤師会
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

糖尿病の豆知識

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード