• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 糖尿病の豆知識
  4. 違いが分かりますか?血糖測定の3タイプ

糖尿病の豆知識

更新日: 2020年8月21日

【第19回】 血糖測定について知ろう!(1)測定方法の違い

第19回 血糖測定について知ろう!(1)測定方法の違いの画像

糖尿病の世界では長年、患者さんの総死亡を減少させる(長生きできる)治療法の確立を目指してきました。ここ最近、SGLT2阻害薬やGLP-1受容体作動薬により総死亡を抑制できたという臨床試験結果が出たことで、各国のガイドラインなどが大きく変わってきています。
糖尿病療養指導士、糖尿病薬物療法認定薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師の資格を持ち、日本糖尿病学会、日本くすりと糖尿病学会、日本化学療法学会に所属する著者が薬剤師の皆さんに知っておいて欲しい糖尿病治療のポイントをご紹介します。

今回は、血糖測定のポイントについてまとめていきたいと思います。最近は、店頭での血液検査を実施している薬局やドラッグストアも多くあります。そういった場面での参考にしてください。

いろいろな血糖測定方法

まずは、いくつかある血糖測定方法とそれぞれの特徴を紹介していきます。

(1)SMBG(Self-Monitoring of Blood Glucose)
第19回 血糖測定について知ろう!(1)測定方法の違いの画像

出典:糖尿病情報センター

最も一般的に行われている血糖測定方法です。誰でも自分で血糖値を測ることができ、血糖コントロールをできているか確認したり、低血糖のリスクがどれくらいあるかを把握したりするのに役立ちます。また、日々、血糖値を測ることで、患者さんの糖尿病治療に対する動機付けにもなるといわれています。

(2)FGM(Flash Glucose monitoring)

「リブレ」と呼ばれるセンサーを腕などに取り付けると、センサーが数分に1回血糖値を測り続けてくれます。センサーは8時間分の血糖値を記録しており、任意のタイミングで血糖測定器をセンサー上にかざすと、直近の血糖値を画面に表示されます。過去8時間分の血糖値データを血糖測定器に転送することができるため、8時間以上空けずにかざし続ければ、1日の血糖値を線で確認することができます。また、リブレは防水仕様で、14日間使用し続けることができます。お風呂など日常生活であれば、問題になることはありません。ただし、かなりの高温になる場所、10気圧以上には耐えられません。つまりサウナや10m以上の潜水はNGです。(リブレをつけて10m以上の潜水をする人がどれくらいいるでしょうか?(笑)
最近、保険適応の拡張も行われ、強化インスリン療法(1日4回のインスリン)、もしくは、混合型インスリンを2回打ちしている患者さんにもリブレを保険で使用することができるようになりました。SMBGのように血糖値を点で見るのではなく、FGMは変動を知ることができること、血糖値を測定するたびに侵襲による痛みがないことなども大きな利点となります。ただし、後に述べるCGMとは異なりキャリブレーション(途中の補正)がないため、センサーによってばらつきが見られることがあったり、センサー使用期間の最初と最後付近ではブレが大きくなったりするとも言われています。注意点はありますが、うまく使えば、非常に便利で有用なものです。

(3)CGM(Continuos Glucose Monitoring)

すべてのコラムを読むにはm3.comに会員登録(無料)が必要です

柳瀬 昌樹の画像

柳瀬 昌樹
やなせ まさき

薬剤師。薬科大学を卒業後、現在に至るまで病院勤務を続け、糖尿病、感染症などの専門資格を取得。医師の先生方からの全面的ご協力の下、日々奮闘中。
主な取得資格:糖尿病療養指導士、糖尿病薬物療法認定薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師、日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師、実務実習認定薬剤師
所属学会:日本糖尿病学会、日本くすりと糖尿病学会(認定薬剤師認定委員兼務)、日本化学療法学会、日本病院薬剤師会
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

糖尿病の豆知識

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード