• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 糖尿病の豆知識
  4. 超速効型インスリンよりも立ち上がりが早い薬

糖尿病の豆知識

更新日: 2021年8月19日

新しい薬を知ろう!3~ルムジェブ®とフィアスプ®~

糖尿病の豆知識の画像

さて、今回は、超速効型インスリンの立ち上がりをさらに早く持続時間を短くした2つの製剤、いわば「超々速効型インスリン」をご紹介したいと思います。
ルムジェブ®は、日本イーライリリーが販売しているヒューマログ®に微量の添加物(トレプロスチニルとクエン酸)を加えることで血中濃度の立ち上がりを早くした製剤です。同じようにフィアスプ®は、ノボノルディスクファーマが販売しているノボラピッド®に添加物(ニコチン酸アミドとアルギニンなど)を加えることで血中濃度の立ち上がりを早くしています。今までの超速効型インスリンは、食直前(食事開始前15分以内)で投与することとなっていましたが、新しいルムジェブ®やフィアスプ®は、血中濃度の立ち上がりが早くなったため、食事開始2分以内、もしくは食事開始後20分以内の投与が認められています。食事開始前の投与時間の差は、特に1型糖尿病患者で大きな差を示す可能性があり、食後打ちが可能になったことに関しては、シックデイ時、食事が摂れるかどうかが分からない時のbolus投与に大きな融通性を示す可能性があると思います。この投与タイミングの差や血中濃度の立ち上がりの違いがどのような効果を示すかについて、それぞれの製剤で様々な臨床試験が行われていますが、今回はルムジェブ®でのデータをご紹介したいと思います。

ルムジェブ®とヒューマログ®の血中濃度動態の違い

すべてのコラムを読むには m3.com に会員登録(無料)が必要です

柳瀬 昌樹の画像

柳瀬 昌樹
やなせ まさき

薬剤師。薬科大学を卒業後、現在に至るまで病院勤務を続け、糖尿病、感染症などの専門資格を取得。医師の先生方からの全面的ご協力の下、日々奮闘中。
主な取得資格:糖尿病療養指導士、糖尿病薬物療法認定薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師、日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師、実務実習認定薬剤師
所属学会:日本糖尿病学会、日本くすりと糖尿病学会(認定薬剤師認定委員兼務)、日本化学療法学会、日本病院薬剤師会
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

糖尿病の豆知識

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード