1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 糖尿病の豆知識
  4. 糖尿病患者の久々の受診に薬剤師が涙した理由

糖尿病の豆知識

更新日: 2022年1月27日

糖尿病患者さんから学ぶこと1

糖尿病の豆知識の画像

今回は、いつもとは少し違う観点から糖尿病を学びましょう。これまで本当に色々な患者さんと触れ合ってきましたが、その中でも特に印象に残った患者さんを皆さんと情報共有していきたいと思います。また、これらの患者さんから自分自身が学ぶことも多く、その点についても共有できればと考えております。

金銭的な問題で糖尿病外来受診が継続できなくなった患者さん

この患者さんは33歳女性。BMI30kg/㎡弱の肥満傾向。第1子妊娠中に妊娠糖尿病と診断され、食事療法に加え、インスリンを使用し、血糖管理を行うことで無事出産。分娩後、1か月、3か月の内科フォローにより2型糖尿病発症が確認された患者さんです。本人とも相談し、第2子の挙児希望、授乳希望もあったため、強化インスリン療法を継続することとなりました。数か月間のフォローによりHbA1cは6%前半までコントロールできるようになってきていました。ところが、そこからしばらく外来でその患者さんに会わなくなり、約1年半経った頃、外来で再開することになるのです。その時に交わした会話が以下の会話です。

薬剤師:久しぶりですね。どう過ごされていましたか?大丈夫?
患者さん:実は、シングルマザーになってしまって、本当に大変だったんです。
薬剤師:そうですかぁ。それは大変でしたね。病院には行けていました?
患者さん:もう1年以上も病院にかかってなくて・・・
薬剤師:体は大丈夫??しんどくなかったです??
患者さん:もうしんどくて、しんどくて・・・・

この患者さん、治療中断となったことで体がしんどくてたまらなかった様子です。体がしんどかったのに、なぜ病院に来なくなってしまったのでしょうか?

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

柳瀬 昌樹の画像

柳瀬 昌樹
やなせ まさき

薬剤師。薬科大学を卒業後、現在に至るまで病院勤務を続け、糖尿病、感染症などの専門資格を取得。医師の先生方からの全面的ご協力の下、日々奮闘中。
主な取得資格:糖尿病療養指導士、糖尿病薬物療法認定薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師、日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師、実務実習認定薬剤師
所属学会:日本糖尿病学会、日本くすりと糖尿病学会(認定薬剤師認定委員兼務)、日本化学療法学会、日本病院薬剤師会
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

糖尿病の豆知識

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師ブロガー 糖尿病 調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 医療ニュース OTC医薬品 薬剤師会 医療クイズ ランキング セミナー・学会情報