1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 糖尿病の豆知識
  4. 【薬剤師向け】高齢者糖尿病の支援・治療

糖尿病の豆知識

更新日: 2022年11月10日

高齢者糖尿病について詳しくなろう4

糖尿病の豆知識の画像

第4回目である今回は、いよいよ具体的な支援・治療に話をうつしていきたいと思います。まずは、しょくじについて考えてみましょう!

高齢者糖尿病患者さんの食事療法の考え方

まず、高齢者においても適正な総エネルギー摂取量とバランスを図る食事療法は、高血糖、脂質異常症あるいは肥満の是正には有用であるとされています。一方で、高齢者の場合、低栄養になることも少なくなく、低栄養により感染症、転倒、骨折、フレイル、認知症を発症するリスクが高くなってしまいます。高齢者の肥満に対して、食事や運動による減量でメリットがみられるのはBMI30以上の前期高齢者までです。よって、後期高齢者やフレイルのある患者さんの場合には、体重を減らさないようにして、十分にエネルギーとたんぱく質を摂取することが望ましいとされています。ご高齢の方で少しぽっちゃりした方とやせている方を見ると、ぽっちゃりしている方の方がなんとなく元気なイメージがありますし、残っている歯の数などにも関係があるかもしれませんが、たんぱく質(肉や魚、豆類など)を多く摂取する方の方が元気な方が多いという感じがしませんか?さらに、大切なことは食のQOLを考慮に入れることだと言われています。いかに健康によい食事であっても、「おいしくない」「楽しくない」食事では、心の満足が満たされません。高齢者でなくてもそうかもしれませんが、ご高齢の方にとっては、食べたときにお腹の満足感と共に心の満足感を感じていただけるように心がけましょう!どんなものを、誰と、どんな場所(シチュエーション)で食べてもらうかが重要ですね。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

柳瀬 昌樹の画像

柳瀬 昌樹
やなせ まさき

薬剤師。薬科大学を卒業後、現在に至るまで病院勤務を続け、糖尿病、感染症などの専門資格を取得。医師の先生方からの全面的ご協力の下、日々奮闘中。
主な取得資格:糖尿病療養指導士、糖尿病薬物療法認定薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師、日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師、実務実習認定薬剤師
所属学会:日本糖尿病学会、日本くすりと糖尿病学会(認定薬剤師認定委員兼務)、日本化学療法学会、日本病院薬剤師会
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

糖尿病の豆知識

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

糖尿病 薬物療法・作用機序 服薬指導 業界動向 漢方 ライフ・雑学 医療クイズ 疾患・病態 在宅医療 ebm