1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 糖尿病の豆知識
  4. 【薬剤師向け】高齢者糖尿病の薬物療法

糖尿病の豆知識

更新日: 2023年1月14日 柳瀬 昌樹

高齢者糖尿病について詳しくなろう6

糖尿病の豆知識の画像

この高齢者糖尿病シリーズも第6回目。今回は、薬物療法を掘り下げていきたいと思います。糖尿病のお薬は、私が日本糖尿病療養指導士となった15年前と比較すると、非常にたくさんの種類が使用できるようになりました。たくさん選択肢があるということは、それぞれの薬剤の特性を理解し、患者さんにとってメリットとデメリットを検討しながら選択する必要性が増したとも言えます。特に高齢者では、生理機能低下、低血糖リスクの増大など非高齢者よりも多くの点を加味した選択が必要とされます。ここでは、各薬剤の高齢者糖尿病患者さんへの注意点などを中心にみていきたいと思います。

①ビグアナイド(インスリン分泌非促進系)

「糖尿病の豆知識」の画像

非常に安価で効果も高く(肝臓における糖新生の抑制、消化管からの糖吸収の抑制、末梢組織におけるブドウ糖利用促進など)、単独使用では低血糖をきたす可能性が低いなど良いお薬である一方、腎機能低下症例(eGFR<30:禁忌、eGFR<45では、減量を検討すべき)では特に考慮が必要な薬剤です。乳酸アシドーシスは致死的な副作用であり、この副作用を発症する背景によくみられる脱水、腎機能低下には特に注意が必要となります。加齢に伴って生理的にも腎機能が低下するため、経時的に減量、中止のタイミングを検討しておく必要性があります。

②チアゾリジン薬(インスリン分泌非促進系)

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

柳瀬 昌樹の画像

柳瀬 昌樹
やなせ まさき

薬剤師。薬科大学を卒業後、現在に至るまで病院勤務を続け、糖尿病、感染症などの専門資格を取得。医師の先生方からの全面的ご協力の下、日々奮闘中。
主な取得資格:糖尿病療養指導士、糖尿病薬物療法認定薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師、日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師、実務実習認定薬剤師
所属学会:日本糖尿病学会、日本くすりと糖尿病学会(認定薬剤師認定委員兼務)、日本化学療法学会、日本病院薬剤師会
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

糖尿病の豆知識

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

コミュニケーション 糖尿病 薬物療法・作用機序 服薬指導 研修認定薬剤師資格 医療クイズ 疾患・病態 薬薬連携 ebm 感染症対策