分かりやすい!薬剤師のための「調剤報酬制度」

更新日: 2023年9月14日 田中 嘉尚

時間外加算や夜間休日加算等はどのような場合に算定できる?

時間外加算や夜間休日加算等はどのような場合に算定できる?メインの画像1

2024年の診療報酬改定に関する記事をまとめた
「診療報酬改定2024まとめ」はこちら>>

今回は、業務時間外における処方箋の取り扱い事例を使い、時間外加算や夜間休日加算等について詳しく解説します。

国が求める「かかりつけ薬剤師・薬局」を目指すためには、「地域連携薬局」と「専門医療機関連携薬局」を構築するための学習や自己研磨が求められています。学習するにあたっては、調剤報酬制度や薬機法等について学ぶことも重要です。

相談

土曜日午前中のみ営業する薬局では、午後4時に急病患者さんのために薬局を開け、臨時で調剤した場合、「時間外加算」は算定できますか?

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

田中 嘉尚の画像

田中 嘉尚
たなか かなお

1999年3月徳島文理大学薬学部卒業後、臨床治験モニター、医療ライター、病院薬剤師、保険薬局薬剤師を経験。現在病院薬剤師をしながら、フリーライターをしています。
ITに興味があり、前職の病院で恩師との出会いにより「副作用発現リスク精査表」を開発し、特許を取得。現在も共同研究中です。
フリーライターになろうと思ったきかっけは、恩師が現役著者で論文や学会誌などの文書の書き方をご指導頂いたことが影響しています。

キーワード一覧

分かりやすい!薬剤師のための「調剤報酬制度」

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

薬剤師がm3.comに登録するメリットの画像

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

医薬品情報・DI 調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 電子処方箋 服薬指導 派遣薬剤師 医療過誤・ヒヤリハット 漢方 ライフ・雑学 年収・待遇