1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 実録!となりの薬剤師
  4. メスシリンダーでお湯の量を量ってスープを飲む薬剤師

実録!となりの薬剤師

更新日: 2019年8月7日

メスシリンダーでお湯の量を量ってスープを飲む薬剤師

このコーナーでは、m3.com薬剤師会員の皆さまに投稿いただいたコラムを紹介します。
今回のテーマは【つい薬剤師の癖が出てしまう日常のアレコレ】です。

「適当」なんて無理。量らずにいられない!

「適当」なんて無理。量らずにいられない!の画像

りーまま・女性(神奈川県)

皆さんはコーヒーを淹れるとき、コーヒー豆を量りますか?お湯の量を量りますか?
私は毎回、すべて量っています。「目分量で適当に」ということはしません。
私のこだわりは、コーヒー豆は小さじ2杯、すりきり。
そこに何度かに分け、お湯180ml入れます。最後に冷たい牛乳を20ml。これで完成です。

「薬剤師は量ることが好き」と指摘され…

これを事務さんに話したところ「ふつう量らないよ。細かいよ」と言われてしまいました。

そこで、家族に事務さんとのやり取りを話したところ、「薬剤師だし、量ることが好きなのではないか」という結論に至りました。
『薬剤師は基本的に量ることが好き』これは、妙に私を納得させました。

そこまでやる⁉ 愛すべき先輩薬剤師たち

実は、先輩薬剤師も量るのが好きなのです。
彼女はなんと、インスタントのスープを飲むとき、必ずメスシリンダーでお湯の量を量っています。

また他の先輩薬剤師は、お弁当を持ってくるとき、必ずお米の量を量ってきています。
理由を聞いたところ、ダイエット中とかではなく、「癖で量っている」と言っていました。
なるほど。やはり薬剤師は、量ることが好きなようです。
自分でおいしいと思う、ベストな量を見つけたら、毎回必ず量る。

私自身、大雑把でいい加減な人間だと思っていましたが、ひょんなことから薬剤師らしい一面を発見しました。
「この細かさは職業柄かな。なんだか、おもしろいな」と思いつつ、私は今日もコーヒーを量っています。

※本コンテンツは、薬剤師会員からお寄せいただいたエピソードをもとに編集・作成しています。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

キーワード一覧

実録!となりの薬剤師

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

薬剤師がm3.comに登録するメリットの画像

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

医薬品情報・DI 調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 服薬指導 派遣薬剤師 医療過誤・ヒヤリハット 漢方 ライフ・雑学 年収・待遇 ファーマスタイル