• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 患者タイプ別 服薬指導のツボ(薬剤師向け)
  4. 「薬の在庫がありません」と伝えると怒り出す患者さん

患者タイプ別 服薬指導のツボ(薬剤師向け)

更新日: 2019年11月15日

「薬の在庫がありません」と伝えると怒り出す患者さん

「薬の在庫がありません」と伝えると怒り出す患者さんの画像

患者ケース32「薬の在庫がありません」と伝えると怒り出す患者さん

 50代の女性新規患者さん。処方せんを受け取ったら、当局で扱っていない薬だった。他の薬局に行ってもらうように伝えると、「『どこの病院の処方せんも受け付けます』と外に書いてあるじゃない!」と怒り心頭。薬局としてはすべての薬を在庫させるのは無理なこと。薬の取り扱いがない、取り寄せできないときはどのように解決すればいい?

「薬の在庫がありません」と伝えると怒り出す患者さん ツボの画像

薬剤師にとって、すべての薬を揃えるのが無理なのは当然のことです。しかし患者さんは、「全国どこの処方せんも受け付けます」と表示されているのを見れば、「どの処方せんの薬もすぐにもらえる」と思ってしまいます。そして「薬の在庫がない」となれば「話が違うじゃないか」と憤慨するかもしれません。薬剤師と患者さんの認識が異なることを正しく理解し、患者さんの気持ちになって丁寧に対応しましょう。具体的には複数の選択肢を用意し患者さんの不満を生じにくくさせるのも効果的です。

「薬の在庫がありません」と伝えると怒り出す患者さん ツボの画像

薬剤師にとって、すべての薬を揃えるのが無理なのは当然のことです。しかし患者さんは、「全国どこの処方せんも受け付けます」と表示されているのを見れば、「どの処方せんの薬もすぐにもらえる」と思ってしまいます。そして「薬の在庫がない」となれば「話が違うじゃないか」と憤慨するかもしれません。薬剤師と患者さんの認識が異なることを正しく理解し、患者さんの気持ちになって丁寧に対応しましょう。具体的には複数の選択肢を用意し患者さんの不満を生じにくくさせるのも効果的です。

薬剤師の「すべての薬を在庫できないという常識」は、患者さんには通用しません

 薬剤師は、発売されている薬をすべて用意するのは不可能であると当然のように認識しています。しかし、患者さんの立場では、「全国の処方せんを受け付けます」と書いてあるからには、どんな薬も用意してあり、すぐに薬をもらえると思ってしまうのも、また当然のこと。 …

すべてのコラムを読むにはm3.comに会員登録(無料)が必要です

村尾 孝子の画像

村尾 孝子
むらお たかこ

薬剤師、医療接遇コミュニケーション コンサルタント、健康講演・企業研修セミナー講師、株式会社スマイル・ガーデン代表取締役。明治薬科大学薬学部薬剤学科卒業、埼玉大学大学院経済学部経営管理者養成コース修了、病院・薬局・教育研修会社勤務を経て現職。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

患者タイプ別 服薬指導のツボ(薬剤師向け)

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード