• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 患者タイプ別 服薬指導のツボ(薬剤師向け)
  4. 副作用の説明がなくて不安な患者さんの対処法とは?|服薬指導のツボ

患者タイプ別 服薬指導のツボ(薬剤師向け)

更新日: 2020年1月28日

「副作用の説明がない」と不安を訴える患者さん

photo

患者ケース34「副作用の説明がない」と不安を訴える患者さん

 発現に個人差のある副作用について、「副作用の説明が少なすぎる。最低限伝えるべきことは、薬ごとに決まっているのではないか?」「飲み間違いや、副作用と気づかずに長く薬を飲み続けたくないので、薬剤師には口頭でも説明してほしい」と患者さんから要求されますが、どう答えていいかわからないときがあります。副作用を怖がり服用を中止してしまう患者さんもいるなかで、薬剤師はどの程度まで説明したらいいでしょうか?

photo

薬の副作用は、薬ごとの特徴や発現の個人差があり難しいものです。それ以上に患者さんごとに副作用の受けとめ方や理解度に違いがあるのが問題をより困難にしています。よって、副作用の説明を始める前に、患者さんの副作用に対する考えを把握するひと手間が欠かせません。患者さんの反応の小さな変化を見逃さないように丁寧にヒアリングして、声にならない不安や疑問を引き出し、患者さんのタイプにあわせて説明の言葉や内容を柔軟に変えましょう。

photo

薬の副作用は、薬ごとの特徴や発現の個人差があり難しいものです。それ以上に患者さんごとに副作用の受けとめ方や理解度に違いがあるのが問題をより困難にしています。よって、副作用の説明を始める前に、患者さんの副作用に対する考えを把握するひと手間が欠かせません。患者さんの反応の小さな変化を見逃さないように丁寧にヒアリングして、声にならない不安や疑問を引き出し、患者さんのタイプにあわせて説明の言葉や内容を柔軟に変えましょう。

患者さんによって理解度や感じ方は違います

 副作用の説明は服薬指導で欠かせない項目ですが、薬ごとの副作用の特徴や発現の個人差を含めてその内容は多岐にわたります。さらに難しいのが、副作用に関する知識や理解度、受けとめ方に個人差があること。人は

この記事の続きを読むには

QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

患者タイプ別 服薬指導のツボ(薬剤師向け)

アクセス数ランキング

新着一覧