• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 患者タイプ別 服薬指導のツボ(薬剤師向け)
  4. 患者さん本人以外のご家族からクレームがきたときの対処法

患者タイプ別 服薬指導のツボ(薬剤師向け)

更新日: 2020年7月26日

患者さん本人以外のご家族からクレームがきたときの対処法

photo

患者ケース39: 患者さん本人以外のご家族からクレームがきたときの対処法

いつも対応している70代女性の患者さん。服薬指導でも特にトラブルや苦情はなかったのですが、突然、患者さんのご家族からクレームの電話がきました。薬に関する説明を勘違いしてしまったようです。患者さんのご家族からクレームがあった場合はどのように対応するとよいでしょうか。また、患者さんと直接話せない場合、ご家族にどのように説明したらいいでしょうか。

服薬指導のツボ!

気を付けて服薬指導していても、言葉の行き違いや解釈の仕方によりクレームが生じることはあります。クレーム応対の基本はすばやく真摯に謝罪すること。相手が誰であろうが対応は同じです。たとえ服薬指導に失敗や間違いがなくても、患者さん本人や家族を不安や不快な気持ちにさせたことに対して謝罪しましょう。本人と話すことができない状況では、家族に対して、本人に対するのと同様あるいはさらに丁寧に説明します。クレームがあったことを、家族からの信頼や共感を得られる機会ととらえて、ささいな問題であっても心を込めて丁寧に謝罪する姿勢が欠かせません。

相手にかかわらず、クレーム応対の基本は「すぐ謝罪」

十二分に気を付けて丁寧な服薬指導を心がけても、言葉の行き違いや患者さんの解釈の仕方などによって予想もしないクレームが生じることはあると思います。
クレーム応対の基本は、すばやく真摯に謝罪すること。この基本はクレームの相手が誰であろうが変わりません。今回のケースは患者さんのご家族からの電話によるクレームの事例ですが、本人以外からのクレームであってもすぐに謝罪する基本は同じです。
今回のポイントは、たとえ服薬指導時に失敗や間違いがなかったとしても、その後、本人や家族が不安や不快に思ったことに対して謝罪する、という点。本人は服薬指導中も帰宅後も勘違いしたことを気にしていないかもしれません。しかし、…

すべてのコラムを読むにはm3.comに会員登録(無料)が必要です

村尾 孝子の画像

村尾 孝子 むらお たかこ

薬剤師、医療接遇コミュニケーション コンサルタント、健康講演・企業研修セミナー講師、株式会社スマイル・ガーデン代表取締役。明治薬科大学薬学部薬剤学科卒業、埼玉大学大学院経済学部経営管理者養成コース修了、病院・薬局・教育研修会社勤務を経て現職。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

患者タイプ別 服薬指導のツボ(薬剤師向け)

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード