患者タイプ別 服薬指導のツボ(薬剤師向け)

更新日: 2022年12月17日 村尾 孝子

ポリファーマシーを考慮した服薬指導について

photo

ケース92:ポリファーマシーを考慮した服薬指導について

ポリファーマシーを考慮しながら服薬指導をしようとすると、何をモチベーションとして服薬指導したらよいのか悩んでしまいます。結局それが原因でうまく患者さんに説明ができていない気がします。ポリファーマシー対策をしながら服薬指導をするには、どうすればよいでしょうか。

服薬指導のツボ

薬剤師のポリファーマシー対策に期待が寄せられています。ポリファーマシーが起こる背景と問題点について正しく理解し、積極的に服薬指導してほしいと思います。薬剤師は、1)おくすり手帳の活用、2)高齢患者さんへの対策、3)患者さんとの

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

村尾 孝子の画像

村尾 孝子
むらお たかこ

薬剤師、医療接遇コミュニケーション コンサルタント、健康講演・企業研修セミナー講師、株式会社スマイル・ガーデン代表取締役。明治薬科大学薬学部薬剤学科卒業、埼玉大学大学院経済学部経営管理者養成コース修了、病院・薬局・教育研修会社勤務を経て現職。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

患者タイプ別 服薬指導のツボ(薬剤師向け)

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

コミュニケーション 医薬品情報・DI 薬物療法・作用機序 服薬指導 医療クイズ 疾患・病態 ebm 感染症対策 薬剤師あるある アセスメント