1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 患者タイプ別 服薬指導のツボ(薬剤師向け)
  4. 患者さん自身が薬の管理ができない場合の対処法

患者タイプ別 服薬指導のツボ(薬剤師向け)

更新日: 2023年2月20日

患者さん自身が薬の管理ができない場合の対処法

photo

ケース96:患者さん自身が薬の管理ができない場合の対処法

80歳の男性患者さん。お薬を1日20錠以上、食前と食後に服用しないといけませんが、高齢のため本人は薬の管理ができなさそうです。また一緒に住む奥様も同年代で薬の管理はできないと思います。一包化以外に、服薬管理をする方法はあるでしょうか。

服薬指導のツボ

高齢患者さんの服薬では、薬の種類や量が増える傾向があることに加えて、知的機能の低下により多種類・多量の薬を指示通り服用することが次第に難しくなります。飲み忘れや飲み間違いを防ぐには、服薬ボックスやおくすりカレンダーなどの利用、家族が服薬時間を電話で知らせる、服薬支援ツールの活用といった方法があります。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

村尾 孝子の画像

村尾 孝子
むらお たかこ

薬剤師、医療接遇コミュニケーション コンサルタント、健康講演・企業研修セミナー講師、株式会社スマイル・ガーデン代表取締役。明治薬科大学薬学部薬剤学科卒業、埼玉大学大学院経済学部経営管理者養成コース修了、病院・薬局・教育研修会社勤務を経て現職。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

患者タイプ別 服薬指導のツボ(薬剤師向け)

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

コミュニケーション 医薬品情報・DI 服薬指導 医療過誤・ヒヤリハット OTC医薬品 医療クイズ 副作用 ebm 感染症対策 薬剤師あるある