患者タイプ別 服薬指導のツボ(薬剤師向け)

更新日: 2023年8月7日

医者と患者さんの板挟みになってしまった

photo

ケース107:医者と患者さんの板挟みになってしまった

ときどき来局される60代女性の患者さん。実は、担当医から連絡があり「その患者さんには薬の副作用を教えないように」と言われていました。しかし、今回の来局で、患者さんから副作用について質問されました。その時は、一般的な副作用を説明し、「次回、担当医に確認してください」と伝えましたが、この対応で良かったのか考えてしまいます。医者と患者さんの板挟みになってしまった場合の上手な対処方法を知りたいです。

服薬指導のツボ

医師と患者さん双方との良好な関係を考えれば、医師の指示に従うのが一番無難な選択でしょう。今後同様のケースで板挟みにならないように、医師から指示を受けたらできるだけ早いタイミングで対策・対応を検討しましょう。例えば、患者さんから副作用について質問された場合

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

m3.comは25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイトです。

こちらもおすすめ

村尾 孝子の画像

村尾 孝子
むらお たかこ

薬剤師、医療接遇コミュニケーション コンサルタント、健康講演・企業研修セミナー講師、株式会社スマイル・ガーデン代表取締役。明治薬科大学薬学部薬剤学科卒業、埼玉大学大学院経済学部経営管理者養成コース修了、病院・薬局・教育研修会社勤務を経て現職。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

患者タイプ別 服薬指導のツボ(薬剤師向け)

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師ブロガー 苦情・クレーム 調剤報酬改定 服薬指導 医療ニュース 薬物療法 ファーマスタイル 医療クイズ ランキング 診療報酬改定