患者タイプ別 服薬指導のツボ(薬剤師向け)

更新日: 2023年11月24日 村尾 孝子

糖尿病患者が指導を聞いてくれないときは

photo

ケース114:糖尿病患者が指導を聞いてくれないときは

糖尿病をわずらっている患者さんの中には、食事や間食について、軽く考えている方がいます。薬剤師としてはリスクを一生懸命伝えているつもりですが、ついつい患者さんにあしらわれてしまいます。しっかりした指導ができなかったと反省しますが、患者さんに糖尿病について考えてもらうにはどうすれば良いでしょうか。

服薬指導のツボ

食事療法の必要性を理解していない患者さんに厳しく食事指導したところで、患者さんは聞く耳を持たないかもしれません。そんなときは、患者さんのニーズを引き出すことから始めてみてはいかがでしょうか。自分の話を丁寧に聞いてもらった患者さんは、安心してその後の話しに耳を傾けてくれるようになるでしょう。患者さんが考え事をするときの傾向を把握して、プラス思考の傾向が強いか、マイナス思考になりがちか、のタイプによって説明方法を変えるのも効果的です。患者さんに糖尿病に対する理解を深めてもらうためには、厳しく指導するばかりでなく、声にならない患者さんの気持ちを受けとめ寄り添う姿勢が欠かせません。根気強く語りかけて、信頼関係を築く努力を続けてほしいと思います。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

村尾 孝子の画像

村尾 孝子
むらお たかこ

薬剤師、医療接遇コミュニケーション コンサルタント、健康講演・企業研修セミナー講師、株式会社スマイル・ガーデン代表取締役。明治薬科大学薬学部薬剤学科卒業、埼玉大学大学院経済学部経営管理者養成コース修了、病院・薬局・教育研修会社勤務を経て現職。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

患者タイプ別 服薬指導のツボ(薬剤師向け)

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

コミュニケーション 服薬指導 医療クイズ 疾患・病態 ebm 感染症対策 薬剤師あるある アセスメント 調剤基本料 薬剤師ブロガー