1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 患者タイプ別 服薬指導のツボ(薬剤師向け)
  4. 他の薬局で調剤された薬の相談をしてくる患者さん

患者タイプ別 服薬指導のツボ(薬剤師向け)

更新日: 2024年4月17日 村尾 孝子

他の薬局で調剤された薬の相談をしてくる患者さん

他の薬局で調剤された薬の相談をしてくる患者さんの画像

ケース121:他の薬局で調剤された薬の相談をしてくる患者さん

ある患者さんの服薬指導の際に併用薬を確認すると「他の薬局で調剤された薬も飲んでいる」と報告してくれました。またその薬について相談されましたが、その場ではどこまで他の薬局の調剤について意見していいかわからず、無難な回答しかできませんでした。どのような対応をすればよかったでしょうか。

服薬指導のツボ

どの薬局で調剤された薬かにかかわらず、患者さんのために何ができるかを最優先に考えて、「何か気になることがありますか?」などと尋ねて、患者さんの話を真剣に親身になって聞きましょう。何をどう答えるか考えるより先に、患者さんの思いを受けとめて、一緒に対応策を考える姿勢で臨むといいでしょう。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

村尾 孝子の画像

村尾 孝子
むらお たかこ

薬剤師、医療接遇コミュニケーション コンサルタント、健康講演・企業研修セミナー講師、株式会社スマイル・ガーデン代表取締役。明治薬科大学薬学部薬剤学科卒業、埼玉大学大学院経済学部経営管理者養成コース修了、病院・薬局・教育研修会社勤務を経て現職。

キーワード一覧

患者タイプ別 服薬指導のツボ(薬剤師向け)

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

薬剤師がm3.comに登録するメリットの画像

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

医薬品情報・DI 調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 服薬指導 派遣薬剤師 医療過誤・ヒヤリハット 漢方 年収・待遇 ファーマスタイル 医療クイズ