外来がん治療認定薬剤師やぎざいしと学ぶ!がん病態のいろは

更新日: 2023年6月16日 やぎざいし

膵がんの原因や予防、薬物治療について外来がん治療認定薬剤師が解説

メインの画像1 外来がん治療認定薬剤師やぎざいしと学ぶ!がん病態のいろはの画像

膵がんは、全がんの中で男女を合わせて5位圏内からは外れていますが、がん死亡数が男女合計で”4番目に多い”とされる消化器がんです。5年生存率は約8.5%、つまり予後がきわめて悪いがんであるということです。

なぜ膵がんはこれほど予後が悪いのでしょうか。
それは、膵がんは早期発見が難しいがんであることが一つの原因です。

まず、膵臓は胃や腸の後ろという比較的体の中でも深い隠れた場所に位置しています。さらに、膵臓の形状や位置が複雑であること、病変が小さい場合でも膵臓の中にある場合があるなど、画像検査での発見も難しい場合が多いとされています。

前立腺がんでの”PSA”といった、他のがんでは早期発見に有用とされているような鋭敏な腫瘍マーカーの確立も未だ難しい状況にあります。

そして、体重減少や腹痛といった自覚症状が現れてきた場合にはすでに病状が進行していることが多く”糖尿病”、”黄疸”、”膵炎”といった症状も初期段階ではほとんど現れないというがんであることが早期発見を難しくしている要因でもあります。

膵がんのリスクファクターとして知られているのはアルコール、喫煙、肥満、高血糖、高脂血症、膵炎の既往歴などが関与していると考えられています。食事の内容としては、脂肪分の多い食事(高脂肪食)に注意が必要です。

膵臓は消化酵素やインスリンやGLP-1などのホルモンを分泌する重要な臓器であるため”食事”や”生活習慣”に関わる要因が多いと考えられます。

最近では遺伝的要因の関連も分かってきており、特に「BRCA1/2遺伝子変異」がある患者さんでは、膵臓がんの発症リスクが高まるとされています。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

やぎざいしの画像

やぎざいし
やぎざいし

薬剤師/外来がん治療認定薬剤師

経歴:大学卒業後、病院薬剤師として就職。2022年、外来がん治療認定薬剤師の認定取得。入院・外来のがん治療および緩和ケアに従事している。病院勤務の傍ら、当該資格認定を目指す薬剤師向けの支援活動や、「やぎざいし」名義でブログ/Twitterでの薬の知識の発信、医療系ライターとしても活動中。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

外来がん治療認定薬剤師やぎざいしと学ぶ!がん病態のいろは

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

調剤報酬改定 服薬指導 ライフ・雑学 マンガ 医療クイズ 失敗列伝 ebm 感染症対策 薬剤師あるある アセスメント