薬剤師コラム・特集

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 疑義照会のコツ(薬剤師向け)
  4. 横柄な医師に対処するには!?  vol.2

疑義照会のコツ(薬剤師向け)

第2回 横柄な医師に対処するには!?

photo

高圧的な医師に連絡するのが憂うつです。

院内処方せんの疑義照会の際に、医師の気分によって返答が異なり苦労しています。一方的に怒鳴られて終わったこともあります。尋ねる度にご機嫌をうかがわないといけないと思うと憂うつです。
(病院勤務薬剤師)


前回に引き続き、私、株式会社スマイル・ガーデンの村尾が疑義照会時の心構えや気を付けたいポイントについてお答えしていきます。
処方せんを手にして疑義照会の必要を感じるだけで緊張したり憂うつな気分になる方も少なからずいると思います。照会先の医師に対する苦手意識などがあるとなおさらでしょう。なんとかその抵抗感を払拭したいところですね。

医師の性格を見極め、行動をリサーチ。くれぐれも丁寧に

 まず大前提として、疑義照会の際は「お忙しいところ申し訳ございません」のひと言を忘れない、診察や検査など業務の合間をぬって対応してくれることに対して感謝の気持ちを伝えるなど、医師への気遣いができているものとして話を進めます。最初に考えたいのは医師の対応が質問者さん一人に対するものなのか、周囲の全ての医療者に対して同じような態度が見られるのかの見極めです。医師といえども人ですから、体調や気分がすぐれないことも忙しすぎて周囲への気配りが足りないこともゼロではないと思います。誰かれ構わず怒鳴ったり気分により返答を変えたりするのがいつものことであれば、質問者さん個人に問題があるわけではないので、堂々と疑義照会すればいいと思います。そうはいっても、怒鳴られた上にまともな返事すらもらえないと業務に支障が生じます。そんなときは、間を置いて再度チャレンジします。医師も怒鳴った後で言い過ぎたかな?と少し後悔しているかもしれません。「先ほどはお忙しいところ申し訳ありませんでした」と低姿勢で伺いを立て、くれぐれもムッとした態度は出さないように、丁寧な対応を心がけまし…

更新日: 2016年09月29日

続きを読む(会員登録する) »

新着一覧

  • 薬局業務の効率化テクニック -今日から活かせる!業務ノウハウ-
    処方せんのレセコン入力を高速化するワザ 09月21日
    現役の調剤薬局事務として勤務するジム子さんが、今日からすぐに使える業務効率アップのノウハウをご紹介します。
  • 薬剤師スキルアップナビゲート
    対物から対人へ視点を変える「BPSモデル」 09月19日
    厚生労働省が示す「患者のための薬局ビジョン」にて、薬剤師は「対物業務」から「対人業務」への移行を求められています。かかりつけ医の訓練を受けている総合診療医の技能である「患者中心の医療の方法」およびその周辺知識は今後期待される薬剤師業務に活かすことができます。
  • 薬剤師のための「学べる医療クイズ」
    Q.腎機能低下患者に減量必要な消化性潰瘍治療薬は? 09月17日
    腎障害患者や特に腎機能が低下している高齢者では、投与量に注意が必要な薬剤があります。クイズを解きながら復習してみましょう。
  • 薬歴ビフォーアフター ~薬歴の悩み、解決します~
    「薬のせいじゃない」ことは薬歴にどう書く? 09月14日
    夜間の頻尿について相談を受けましたが処方薬の副作用ではないようでした。処方薬と直接関係が無いけれども生活指導をした場合には、薬歴にはどのように記載すればよいのでしょうか。
  • 薬剤師に聞きました-キャリア編
    「女性はすぐに辞める」 薬剤師の受けた性差別実態 09月12日
    東京医大の入試問題で注目が集まった「性差別的な経験」について、薬剤師の皆さんに、実体験やご意見などをお聞きしました。
  • 薬剤師のための「学べる医療クイズ」
    Q.バンコマイシン血中濃度の適切な採血指示は? 09月10日
    抗MRSA薬であるバンコマイシンは、血中濃度を測定しながらの投与が推奨されています。その3つの観点と有効性について、クイズを解きながら復習してみましょう。
  • 患者タイプ別 服薬指導のツボ(薬剤師向け)
    運転禁止薬が処方されているのに車に乗る患者さん 09月07日
    今回は、運転禁止薬が処方されているのに車に乗る患者さんを取り上げます。駐車場へ向かおうとする姿を見つけてしまい、どう声をかけるべきか、村尾先生がやさしくアドバイスします!
  • 薬剤師のための「学べる医療クイズ」
    Q.メトトレキサートと併用注意の抗菌薬は? 09月03日
    今回取り上げるのは、相互作用には充分な注意が必要とされるメトトレキサート。投与時の濃度や、さまざまな薬剤との併用時に気をつけたいポイントを、ここでもう一度おさらいしておきましょう。
  • 薬剤師スキルアップナビゲート
    薬剤師が知っておきたい「輸液と全身管理」 08月31日
    病院薬剤師はもちろん、在宅医療の進展とともに薬局薬剤師も輸液に関する知識やその関連事項の理解が必要になりつつあります。
  • 薬剤師のための「学べる医療クイズ」
    Q.MDRP感染患者にAgsを使用 正しい採血指示は? 08月27日
    AGsはその優れた殺菌力の強さから今日でも重要な位置づけにありますが、腎毒性や聴覚毒性などの副作用が問題視されています。採血のポイントや注意点を復習しましょう。
  • 薬剤師スキルアップナビゲート
    服薬指導に役立つ!リウマチ治療の最新知識 08月24日
    関節リウマチは、多くの場合で薬物療法を行います。医薬品の使用方法によって予後が大きく変わることもあり、有効性や安全性の面で継続的な薬剤師の関与が重要となります。
  • 10秒でわかる薬剤師ニュース一包化
    薬剤師だけでは限界?減薬介入 08月22日
    「ポリファーマシー対策」に関連するニュースを10秒でわかるようにまとめました。 m3.comで行ったアンケートでは、薬剤師による積極的な減薬介入は約3割に留まり、「紹介元の処方だからという理由だけで、削除してもらえない。」などのリアルな事情も聞かれました。

薬剤師の先生におすすめのm3.comサービス

薬剤師の限定サービスをご利用いただくには、 薬剤師プロフィールの登録 が必要です。

MR君

MR君

最新の医療情報・医薬品情報が届きます。

薬剤師掲示板

薬剤師掲示板

仕事の悩みやフリートークなど全国の薬剤師が集うコミニティ。

DI Station

薬剤評価 DI Station

薬剤師と医師限定。薬のクチコミや5段階評価が見られます。

10万人以上の薬剤師が登録する日本最大の医療従事者専用サイト

    • m3.com
       ご利用はすべて無料!
    • 最新医療ニュースやコラム、薬のクチコミ情報など、薬剤師・医師のための情報が集まっています。
    • 《人気記事の一部を紹介》
      ・服薬指導のコツ
      ・薬剤師のためのリーダー論
      ・都道府県別薬剤師年収ランキング
    • ご利用でポイントも貯まります!

m3.comを検索

注目キーワード