• 薬剤師
  • コラムが読める

疑義照会のコツ(薬剤師向け)

更新日: 2016年11月18日

第3回 疑義の意図を簡潔に伝えるには?

第3回 疑義の意図を簡潔に伝えるには?の画像

第3回 疑義の意図を簡潔に伝えるには?Qの画像

医師へ疑義照会するとき、限られた時間の中で、できるだけ1回のやりとりで済むように質問するにはどうしたらいいでしょうか。

先生と話がかみ合わないことがあり、苦労しています。
(薬局勤務薬剤師)


第3回 疑義の意図を簡潔に伝えるには?Aの画像

医師、薬剤師、お互いの仕事をスムーズに進めるためにも、疑義照会は1回ですませたいものです。今回はそのためのポイントをお伝えします。

照会内容の流れを脳内リハーサル

 疑義照会は、処方日数の問い合わせのような比較的簡単なものから、医師の処方意図を確認するなど少し立ち入った話を必要とする場合まで、かなり振り幅があります。今回の質問はもちろん後者の場合でしょう。
 まず重要なのは、照会する前の準備です。処方せんを預かり、処方監査をして疑義の必要がわかった段階で、その先の流れをイメージします。医師に説明が必要な場合、電話での口頭説明ですぐに伝わるものか、手元の資料を見ながら説明するのか、あるいは資料を直接持参して対面で質問する方がいいのか、素早く判断して、必要な資料を用意します。ここで下準備が整わないまま照会してしまうと、質問のように1回のやりとりでは済まなくなる可能性が高くなります。患者さんが待っていることを念頭に準備を進めるわけですが、ここで日ごろの学びの姿勢が顕著に現れます。必要な資料を瞬時に探し当てるには、経験と努力が物を言います。インターネットでなんでも調べられるご時勢ではありますが、医師が納得する内容を兼ね備えた資料を入手する方法について、どの書籍に何が書かれているか、メーカーや卸から取り寄せる必要があるのかなど、日々の業務の中で情報を蓄積しておく必要があります。質問している場面を想定して、医師が知りたいだろう事柄を端的に伝えられるようにざっくりと脳内リハーサルをしておくと「あの資料もあった方が伝えやすいかも」などの気付きが得られます。

5W3Hを意識して、事前に質問内容を紙に書き出しておく

 医師と話がかみあわないということですが、質問の焦点があいまいなままでは当然医師も理解できずに困ってしまいます。何を言いたいのか、何が知りたいのか、医師に伝えるべき要点を絞り込んでおくことも重要です。そこで、実際に照会する前に、質問内容を紙に書き出しておくことをおすすめします。質問内容が複数ある場合はもちろんですが、1点の場合でも有効です。5W3Hを意識して文字に起こし読み返すことで、不明瞭な点が見えてくるからです。照会ををい…

すべてのコラムを読むにはm3.comに会員登録(無料)が必要です

村尾 孝子の画像

村尾 孝子
むらお たかこ

薬剤師、医療接遇コミュニケーション コンサルタント、健康講演・企業研修セミナー講師、株式会社スマイル・ガーデン代表取締役。明治薬科大学薬学部薬剤学科卒業、埼玉大学大学院経済学部経営管理者養成コース修了、病院・薬局・教育研修会社勤務を経て現職。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

疑義照会のコツ(薬剤師向け)

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード