• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師のためのヒヤリ・ハット事例集
  4. 「検査値で判断する処方薬」ヒヤリ・ハット事例

薬剤師のためのヒヤリ・ハット事例集

更新日: 2021年6月13日

「検査値で判断する処方薬」ヒヤリ・ハット事例

薬剤師の為のヒヤリ・ハット事例集メインの画像1

病院・薬局で日々発生するヒヤリ・ハットは、放置して積み重なると大きな事故につながりかねません。患者さんへ安全な医療を提供するためにも、ヒヤリ・ハット事例を共有し、疑義照会や服薬指導に役立てられるよう、薬剤師さんの視点で丁寧に解説していきます。
☆皆さんの身近で起きた事例も募集中です。報告は記事下部のアンケートからお願いします。☆

事例

対象の薬 アトルバスタチン錠10mg、メトホルミン塩酸塩錠500mgMT
医師の指示 処方削除に変更

事例の詳細

以前より来局されている患者さんの、検査値付き処方箋をFAXで受け付けました。検査値を確認すると、CK値が1,071IU/Lと高値でした。この患者さんはアトルバスタチン錠10mgが長期間継続処方されており、少し前にメトホルミン塩酸塩錠が250mgから500mgへ増量されていました。
前回のCK値を確認し、38IU/Lと基準値内であったことから、横紋筋融解症などの副作用が疑われました。そのため処方医に問い合わせ、検査値の上昇と副作用の疑いについて伝え、その結果処方医より、アトルバスタチン錠10mgとメトホルミン塩酸塩錠500mgMTを削除と指示がありました。
また患者さんにはFAX受付当日に来局できないため、あらかじめ手持ちのアトルバスタチン錠10mgとメトホルミン塩酸塩錠500mgMTの服用を中止するよう電話で説明した事例です。

薬剤師の対応

Point 1
検査値付き処方箋をFAXで受け付け検査値を確認したところ、CK値が前回の38IU/L から今回1,071IU/Lと数値に変化がみられました。


Point 2
処方医に問い合わせ検査値の上昇について伝えたところ、アトルバスタチン錠10mg「サワイ」とメトホルミン塩酸塩錠500mgMT「三和」が削除となりました。


すべてのコラムを読むには m3.com に会員登録(無料)が必要です

薬剤師コラム編集部の画像

薬剤師コラム編集部

「m3.com」薬剤師コラム編集部です。
m3.com薬剤師会員への意識調査まとめや、日本・世界で活躍する薬剤師へのインタビュー、地域医療に取り組む医療機関紹介など、薬剤師の仕事やキャリアに役立つ情報をお届けしています。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬剤師のためのヒヤリ・ハット事例集

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード