• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. はじめての在宅体験記
  4. 【薬剤師の在宅医療】訪問時の様子から患者さんの改善を実感|はじめての在宅体験記

はじめての在宅体験記

更新日: 2019年11月10日

訪問時の表情、服装、家の様子から患者さんの改善を実感【在宅体験記Vol.1】

 厚生労働省の調査では、在宅患者の訪問診療は年々増加し(レセプト件数は2006年から2014年の8年間で3倍以上)、日本薬剤師会の「薬剤師の将来ビジョン」でも、在宅医療の取り組み強化が推進されています。在宅医療に関わる薬剤師が増え、「在宅」への興味が高まっている一方、実際の現場の様子や多職種との関わりがわからないという不安の声も聞かれます。
 そこで本企画「はじめての在宅体験記」では、在宅医療に力を入れている「きらり薬局」で在宅医療に携わっている薬剤師の方に、苦労した点ややりがい、薬剤師に求められる役割について伺いました。

第一回は、きらり薬局箕輪町店に務める長川薫さんです。長川さんは2018年9月から在宅医療に関わり始め、2019年にさらにその仕事を追求するために転職した27歳(インタビュー時)。大学時代から在宅医療に興味があったそうです。

担当患者はおよそ50名。在宅医療の現場は忙しい

最初に薬剤師を志した理由をお聞かせください。

長川父が薬局を経営していて、いちばん身近に感じる職業が薬剤師でした。父は患者さんに親しみを持って接しており、地域に密着する職業にあこがれがありました。

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

すべてのサービス・機能をご利用いただくには、
m3.com会員登録が必要です。

キーワード一覧

はじめての在宅体験記

  • 【薬剤師の在宅医療】訪問時の様子から患者さんの改善を実感|はじめての在宅体験記

アクセス数ランキング

新着一覧

16万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

薬剤師コラムを読む

ソーシャルアカウントでログインしていただくと、「薬剤師コラム(一部除く)」をお読みいただけます。

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード

m3.com薬剤師をFacebookでフォローする

m3.com薬剤師をTwitterでフォローする