• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 疾患別・感染症と抗菌薬の選び方
  4. ウロセプシス患者の抗菌薬はどう選ぶ?

疾患別・感染症と抗菌薬の選び方

更新日: 2020年12月8日

尿路感染症第4回 ウロセプシスなどの抗菌薬選び

疾患別・感染症と抗菌薬の選び方の画像1

今回で尿路感染症は最後になります。最後は、最も重症なウロセプシスとその他の尿路感染症について触れていきたいと思います。

前回までのおさらい

尿路感染症の分類

患者さんの状況によって細かく分かれるため、尿路感染症の分類はやや難しいですが、ここでは、尿路を逆行的に感染が広がるという考え方で、膀胱炎→腎盂腎炎→ウロセプシス(腎盂腎炎からの敗血症)の順番で重篤化するという考えのもとご説明します。尿路感染の多くは、尿道からの細菌侵入により起こるため、原因菌の多くは好気性グラム陰性桿菌ということになります。

尿路感染症を3つの視点で整理しよう

  • どこで?:膀胱、腎臓、血液中
  • どんな患者に?:若い女性、高齢女性、妊婦、男性、透析患者などに分類
  • どんな菌が?:おもにグラム陰性桿菌(大腸菌など)

ウロセプシス患者の抗菌薬選択はここをチェック!

血液中に細菌が入るため重症
薬剤耐性菌が原因となることが多い
腎排泄型の抗菌薬がよい

腎盂腎炎治療の考え方

ウロセプシスとは、尿路感染症により生じた敗血症と定義され、敗血症全体の約25%を占めるとされています。本来無菌である血液中に細菌が入り込むのですから、かなりの重症ですので、全例入院下での治療ということになります。ウロセプシスの特徴としては、院内感染由来、尿路留置カテーテルに関連したものが多く、薬剤耐性菌が原因となることがかなり多くなります。そこで、選択する抗菌薬もできれば、腎排泄型で抗菌スペクトルが広く、抗菌力に優れたβ-ラクタム系、キノロン系を選択することが推奨されています。

抗菌薬の選び方

⑧ウロセプシス

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

※現在、ソーシャルログイン機能を停止しております。
ご迷惑をお掛けしますが、新規会員登録の上、ご利用ください。

柳瀬 昌樹の画像

柳瀬 昌樹
やなせ まさき

薬剤師。薬科大学を卒業後、現在に至るまで病院勤務を続け、糖尿病、感染症などの専門資格を取得。医師の先生方からの全面的ご協力の下、日々奮闘中。
主な取得資格:糖尿病療養指導士、糖尿病薬物療法認定薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師、日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師、実務実習認定薬剤師
所属学会:日本糖尿病学会、日本くすりと糖尿病学会(認定薬剤師認定委員兼務)、日本化学療法学会、日本病院薬剤師会
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

疾患別・感染症と抗菌薬の選び方

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

書籍プレゼントキャンペーン

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード