• 薬剤師
  • コラムが読める

疾患別・感染症と抗菌薬の選び方

更新日: 2021年9月12日

市中肺炎3(ディフィニティブテラピー・肺炎球菌)

疾患別・感染症と抗菌薬の選び方の画像1

さて、エンペリックテラピーで治療を開始した後は、頑張って取っていただいた良質な喀痰培養や血液培養、などにより原因菌が同定できた場合、できる限り速やかにde-escalationによる抗菌スペクトルの見直しを行っていきましょう。
市中肺炎の原因菌は多岐にわたるため、順番に代表的な菌種が同定できた場合の抗菌薬の選択肢をご提示していきたいと思います。

肺炎球菌(S.pneumoniae)

市中肺炎で最も頻度の高い肺炎球菌。名前からして肺炎を起こしやすい菌ですね。肺炎球菌はペニシリンで治療だという時代もありましたが、現在は、ペニシリン感受性とペニシリン耐性に分けて治療を変えなければならないほど、耐性が多くなっているのでしょう。

S.Pneumoniae(ペニシリン感受性)

すべてのコラムを読むには m3.com に会員登録(無料)が必要です

柳瀬 昌樹の画像

柳瀬 昌樹
やなせ まさき

薬剤師。薬科大学を卒業後、現在に至るまで病院勤務を続け、糖尿病、感染症などの専門資格を取得。医師の先生方からの全面的ご協力の下、日々奮闘中。
主な取得資格:糖尿病療養指導士、糖尿病薬物療法認定薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師、日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師、実務実習認定薬剤師
所属学会:日本糖尿病学会、日本くすりと糖尿病学会(認定薬剤師認定委員兼務)、日本化学療法学会、日本病院薬剤師会
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

疾患別・感染症と抗菌薬の選び方

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師ブロガー 糖尿病 調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 服薬指導 医療過誤・ヒヤリハット 医療ニュース OTC医薬品 パーキンソン病 ファーマスタイル