疾患別・感染症と抗菌薬の選び方

更新日: 2021年11月29日

蜂窩織炎(蜂巣炎)とその他鑑別診断

疾患別・感染症と抗菌薬の選び方の画像1

このあたりで感染症の世界でのcommon diseaseをまとめてみたいと思います。皮膚軟部組織感染症の代表であり、よく見る疾患である一方、鑑別診断が重要になるため、そこに注目してまとめていきましょう。
蜂窩織炎の主な原因は、小さな傷から皮膚常在菌であるS.aureusが入り込むことで、感染が成立すると浮腫性紅斑が出現し、局所熱感、圧痛、潮紅が広がっていきます。主にS.pyogenesが原因となる丹毒との鑑別が必要とされ、以下の通り鑑別を行います。通常の治療に反応を示さず、急速に拡大する場合、全身症状を伴う場合には、壊死性筋膜炎を考慮する必要があります。

蜂窩織炎と丹毒の主な違い

蜂窩織炎 丹毒
原因菌 主にS.aureus β-溶血性Streptococcus
病変部位 深在性 表在性
好発部位 四肢 顔面、頭部
リンパ管炎 あり なし
境界 不鮮明 鮮明
皮疹 水疱 なし あり
化膿 あり なし
進行 やや緩慢 急速
全身症状 なし あり(高熱、悪寒、戦慄)

丹毒の治療

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

柳瀬 昌樹の画像

柳瀬 昌樹
やなせ まさき

薬剤師。薬科大学を卒業後、現在に至るまで病院勤務を続け、糖尿病、感染症などの専門資格を取得。医師の先生方からの全面的ご協力の下、日々奮闘中。
主な取得資格:糖尿病療養指導士、糖尿病薬物療法認定薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師、日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師、実務実習認定薬剤師
所属学会:日本糖尿病学会、日本くすりと糖尿病学会(認定薬剤師認定委員兼務)、日本化学療法学会、日本病院薬剤師会
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

疾患別・感染症と抗菌薬の選び方

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師ブロガー 薬物療法・作用機序 疑義照会 医療過誤・ヒヤリハット 医療ニュース 医療クイズ ランキング 疾患・病態 失敗列伝 ebm