• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 疾患別・感染症と抗菌薬の選び方
  4. 非定型肺炎に対するディフィニティブテラピー

疾患別・感染症と抗菌薬の選び方

更新日: 2021年11月5日

市中肺炎6(ディフィニティブテラピー・非定型肺炎)

疾患別・感染症と抗菌薬の選び方の画像1

さて、今回は、非定型肺炎に対するディフィニティブテラピーを見ていきましょう。
まずは、マイコプラズマ肺炎からです。原因となる病原体はMycoplasma pneumoniaeであり、これは自己増殖可能な最小の微生物と分類されます。最大の特徴は、細菌なのに細胞壁を持たないということです。ということは、細胞壁合成阻害を作用機序とするペニシリン系、セフェム系、カルバペネム系などの抗菌薬は全く効かないということになります。比較的若い症例が多いこと、学童などでもかなりの数認められることが特徴の1つです。昔は、4年に1回という周期で流行期がやってきており、オリンピックイヤーには注意が必要であると言われていましたが、最近はこのような周期性は崩れつつあると思います。
マイコプラズマ感染症の臨床症状としては、潜伏期間が約2~3週間で、はじめは発熱、全身倦怠感、頭痛など感冒様症状からスタートし、3~5日後からは、咳症状が出現し始め、解熱後もしつこい咳という形で残ることが多いです。

Mycoplasma pneumoniae

すべてのコラムを読むには m3.com に会員登録(無料)が必要です

柳瀬 昌樹の画像

柳瀬 昌樹
やなせ まさき

薬剤師。薬科大学を卒業後、現在に至るまで病院勤務を続け、糖尿病、感染症などの専門資格を取得。医師の先生方からの全面的ご協力の下、日々奮闘中。
主な取得資格:糖尿病療養指導士、糖尿病薬物療法認定薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師、日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師、実務実習認定薬剤師
所属学会:日本糖尿病学会、日本くすりと糖尿病学会(認定薬剤師認定委員兼務)、日本化学療法学会、日本病院薬剤師会
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

疾患別・感染症と抗菌薬の選び方

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師ブロガー がん 服薬指導 医療過誤・ヒヤリハット 管理薬剤師 医療ニュース パーキンソン病 医療クイズ ランキング 疾患・病態