疾患別・感染症と抗菌薬の選び方

更新日: 2022年5月7日

呼吸器系の寄生虫症

疾患別・感染症と抗菌薬の選び方の画像1

今回は、あまり頭によぎらない可能性が高い寄生虫症。だからこそ、ピットフォールになりやすいと思いますので、少しまとめてみたいと思います。
寄生虫症は、世界的には広く分布しており、国内で感染が成立する可能性と海外の流行地で渡航者が感染する可能性どちらも考えられます。一般的に呼吸器系の寄生虫を疑う場合は、呼吸器症状があり、胸部画像異常、末梢血抗酸球増多を認める場合です。私も含めて呼吸器系寄生虫症はその名前に触れることも多くないため、まずは、原因寄生虫となりうるものから見ていきましょう。(表1参照)

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

柳瀬 昌樹の画像

柳瀬 昌樹
やなせ まさき

薬剤師。薬科大学を卒業後、現在に至るまで病院勤務を続け、糖尿病、感染症などの専門資格を取得。医師の先生方からの全面的ご協力の下、日々奮闘中。
主な取得資格:糖尿病療養指導士、糖尿病薬物療法認定薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師、日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師、実務実習認定薬剤師
所属学会:日本糖尿病学会、日本くすりと糖尿病学会(認定薬剤師認定委員兼務)、日本化学療法学会、日本病院薬剤師会
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

疾患別・感染症と抗菌薬の選び方

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

新型コロナ 薬物療法・作用機序 薬価改定 疑義照会 医療過誤・ヒヤリハット 業界動向 ライフ・雑学 店舗経営 マネー・金融 医療クイズ