1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 疾患別・感染症と抗菌薬の選び方
  4. 成人の外傷後骨髄炎・関節炎の抗菌薬選択

疾患別・感染症と抗菌薬の選び方

更新日: 2022年6月13日

骨髄炎・関節炎3

疾患別・感染症と抗菌薬の選び方の画像1

成人の外傷後骨髄炎

外傷後骨髄炎は、その名の通り開放骨折に伴う骨髄炎を示します。その発症率は、骨折部位やタイプ、汚染度にもよりますが3~25%と言われます。いわゆる感染傾向と言われるような局所の発赤や発熱・悪寒などは乏しいこともあり、疑うべき所見としては骨化遅延や創傷治癒遅延などがあります。血液検査で末梢白血球の増加や血沈の亢進なども認められますが、これも軽微な上昇にとどまることもあることに注意が必要と言われています。さらに、レントゲンやMRIなど各種画像診断により確認する場合でも、単なる外傷後変化を反映している可能性や異物による影響があることなどを考慮し、総合的な判断が必要となります。やはりこういう時には、放射線科医師による読影が必要かもしれません。

全ての感染症治療にも言えることではありますが、骨関連の感染では抗菌薬投与期間が6週間以上と長期間になるため、可能な限り抗菌薬投与前に原因菌検索を行うために必要な検体を提出し、de-escalationが行なえる環境を整えておく必要があります。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

柳瀬 昌樹の画像

柳瀬 昌樹
やなせ まさき

薬剤師。薬科大学を卒業後、現在に至るまで病院勤務を続け、糖尿病、感染症などの専門資格を取得。医師の先生方からの全面的ご協力の下、日々奮闘中。
主な取得資格:糖尿病療養指導士、糖尿病薬物療法認定薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師、日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師、実務実習認定薬剤師
所属学会:日本糖尿病学会、日本くすりと糖尿病学会(認定薬剤師認定委員兼務)、日本化学療法学会、日本病院薬剤師会
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

疾患別・感染症と抗菌薬の選び方

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師ブロガー 薬物療法・作用機序 業界動向 医療ニュース 医療クイズ ランキング 疾患・病態 SOAP 薬歴 ebm