疾患別・感染症と抗菌薬の選び方

更新日: 2022年7月2日

骨髄炎・関節炎4

疾患別・感染症と抗菌薬の選び方の画像1

糖尿病性骨髄炎(ASOなどに合併するものを含む)

私は抗菌化学療法認定薬剤師とは別に糖尿病領域(糖尿病療養指導士/糖尿病薬物療法認定薬剤師)を専門としているため、難渋する糖尿病性骨髄炎の患者さんに会う機会が少なくありません。一般的に糖尿病患者さんの15%が足部潰瘍を発症すると言われています。この足部潰瘍がしばしば骨髄炎に進展しますが、このような糖尿病性足病変やASOに伴う骨髄炎は慢性骨髄炎になることが多いと言われています。

明らかな症状がないことも少なくなく、深い潰瘍や大きな潰瘍を認める慢性的病態である場合や、骨が露出している場合などには、つねに骨髄炎を頭に置いておくことが大切です。具体的には、瘻孔に挿入したゾンデが骨に到達するか、2㎠以上の潰瘍病変などが1つの診断材料となります。

治療期間は、骨髄炎であるため、6週間程度は必要になりますが、これは感染した骨組織がある場合で、感染巣が切除された場合(足切断後など)には、2~5日程度の投与期間を検討することになります。特にドレナージを行わない場合などは、3か月程度とさらに長期間の抗菌薬投与が必要になる場合もあるため、経静脈的投与の後、経口内服薬へのスイッチングも検討する必要があります。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

柳瀬 昌樹の画像

柳瀬 昌樹
やなせ まさき

薬剤師。薬科大学を卒業後、現在に至るまで病院勤務を続け、糖尿病、感染症などの専門資格を取得。医師の先生方からの全面的ご協力の下、日々奮闘中。
主な取得資格:糖尿病療養指導士、糖尿病薬物療法認定薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師、日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師、実務実習認定薬剤師
所属学会:日本糖尿病学会、日本くすりと糖尿病学会(認定薬剤師認定委員兼務)、日本化学療法学会、日本病院薬剤師会
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

疾患別・感染症と抗菌薬の選び方

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬物療法・作用機序 疑義照会 ライフ・雑学 医療クイズ 疾患・病態 失敗列伝 ebm 感染症対策 薬剤師あるある アセスメント