疾患別・感染症と抗菌薬の選び方

更新日: 2022年8月7日

化膿性関節炎

疾患別・感染症と抗菌薬の選び方の画像1

化膿性関節炎とは、滑膜炎として発症し関節腔内に滲出液が貯留し、軟骨や骨の破壊へと至る病気と定義されています。感染経路としては、血行性(血液を通して感染部位に菌が移動する)と関節穿刺などによる直接感染の2つに大別されます。もともと、関節組織は無菌組織であるため、関節液から細菌が証明されれば確定診断となります。

成人の関節炎

大人の関節炎の原因菌は、海外では、H.influenzae やNeisseria gonorrhoeaeなどの報告もあるようですが、日本では、あまり検出されず、MSSA、MRSA、Streptococcus属によるものが多いのが特徴です。抗菌薬による治療期間に関しては、骨髄炎が併発している場合には、骨髄炎の治療として6~8週が必要になりますが、骨髄炎を併発していない場合には、3~4週間の投与となります。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

柳瀬 昌樹の画像

柳瀬 昌樹
やなせ まさき

薬剤師。薬科大学を卒業後、現在に至るまで病院勤務を続け、糖尿病、感染症などの専門資格を取得。医師の先生方からの全面的ご協力の下、日々奮闘中。
主な取得資格:糖尿病療養指導士、糖尿病薬物療法認定薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師、日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師、実務実習認定薬剤師
所属学会:日本糖尿病学会、日本くすりと糖尿病学会(認定薬剤師認定委員兼務)、日本化学療法学会、日本病院薬剤師会
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

疾患別・感染症と抗菌薬の選び方

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

キャリア 薬物療法・作用機序 服薬指導 医療クイズ 疾患・病態 転職 ebm 感染症対策 薬剤師あるある アセスメント