疾患別・感染症と抗菌薬の選び方

更新日: 2022年8月19日

化膿性関節炎2

疾患別・感染症と抗菌薬の選び方の画像1

小児の関節炎

今回は小児の関節炎を取り挙げます。前回取り挙げた大人の関節炎とは背景や原因菌などが少し異なるため、そこに注目しながら見ていきましょう。
小児の関節炎は、通常3歳以下に多く発症し、ほとんどの場合、原因菌が血行性に関節に侵入すると言われています。よって、小児の関節炎を見たら、逆に敗血症も疑うべきかもしれませんね。小児の関節炎の原因菌は、やはりS.aureusが圧倒的に多くなりますが、新生児では、大腸菌やB群溶血性レンサ球菌、乳幼児では、S.pneumoniae、A群β-溶血性レンサ球菌、K.kingaeなどが原因菌として挙げられます。大人と同様に関節炎から骨髄炎への進展があれば、治療期間の延長が必要になります。また、化膿性関節炎を疑った場合には、膿や貯留液が存在するため、積極的に穿刺を行い、原因菌の解明、関節腔内の減圧などを行うことが大切だと言われています。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

柳瀬 昌樹の画像

柳瀬 昌樹
やなせ まさき

薬剤師。薬科大学を卒業後、現在に至るまで病院勤務を続け、糖尿病、感染症などの専門資格を取得。医師の先生方からの全面的ご協力の下、日々奮闘中。
主な取得資格:糖尿病療養指導士、糖尿病薬物療法認定薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師、日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師、実務実習認定薬剤師
所属学会:日本糖尿病学会、日本くすりと糖尿病学会(認定薬剤師認定委員兼務)、日本化学療法学会、日本病院薬剤師会
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

疾患別・感染症と抗菌薬の選び方

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

キャリア 薬物療法・作用機序 服薬指導 疑義照会 ライフ・雑学 医療クイズ 疾患・病態 失敗列伝 転職 ebm