疾患別・感染症と抗菌薬の選び方

更新日: 2022年9月10日

腹膜炎1

疾患別・感染症と抗菌薬の選び方の画像1

さて、新しいシリーズとして腹膜炎を取り挙げてみたいと思います。腹膜炎とは、一言でいうと腹膜(肝臓・胃・小腸・大腸といった腹部の臓器の外側と、内側の壁、横隔膜、骨盤底などを覆っている膜)に何らかの炎症が起こることとされます。その中でも細菌性腹膜炎は、本来無菌状態の腹腔が細菌で汚染され炎症が起こった状態です。一般的に腹膜炎は、下記のように一次性腹膜炎、二次性腹膜炎、三次性腹膜炎に分類されます。

一次性腹膜炎

よく突発性細菌性腹膜炎と呼ばれ、明らかな原因がなく、腹腔内に感染が成立する状態です。成人の場合、腹水の存在する肝硬変患者でよく認められ、消化管出血や腹膜炎の既往がある場合、腹水中タンパクが低値の場合などでリスクが高いと言われます。また、感染の特徴として単一菌感染であることが多くなります。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

柳瀬 昌樹の画像

柳瀬 昌樹
やなせ まさき

薬剤師。薬科大学を卒業後、現在に至るまで病院勤務を続け、糖尿病、感染症などの専門資格を取得。医師の先生方からの全面的ご協力の下、日々奮闘中。
主な取得資格:糖尿病療養指導士、糖尿病薬物療法認定薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師、日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師、実務実習認定薬剤師
所属学会:日本糖尿病学会、日本くすりと糖尿病学会(認定薬剤師認定委員兼務)、日本化学療法学会、日本病院薬剤師会
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

疾患別・感染症と抗菌薬の選び方

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

感染症対策 キャリア 薬物療法・作用機序 服薬指導 疑義照会 ライフ・雑学 薬物療法 医療クイズ 疾患・病態 失敗列伝