• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 医療マンガで学ぶ薬剤師の矜持
  4. マンガで学ぶ薬剤師に求められるチーム意識と責任

医療マンガで学ぶ薬剤師の矜持

更新日: 2021年9月4日

薬剤師に求められるチーム意識と責任 -医療マンガで学ぶ第一回-

医療マンガで学ぶ薬剤師の矜持の画像1

2020年に放送されたテレビドラマ「アンサングシンデレラ」は大きな話題を呼びましたが、このドラマは病院薬剤師を主人公にしたマンガが原作です。医師や看護師が主人公のマンガは多くありますが、薬剤師という職種にスポットライトが当たることは珍しいので、皆さんの記憶にも残っているはずです。このマンガを読んで、薬剤師という職業を誇りに感じたり、日々の仕事にやる気が出た方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、医療をテーマにした有名なマンガ、ニッチなマンガを紹介しながら、そのストーリーやキャラクター、あるいはそのセリフから、私たち薬剤師が学ぶべき内容を考えていきたいと思います。

医療マンガで学ぶ薬剤師の矜持

©乃木坂太郎・永井明/小学館

■今回のマンガ
タイトル:医龍
作者:乃木坂太郎/永井明
主人公:胸部心臓外科医 朝田龍太郎
出版社:小学館
連載:2002年〜2011年

「医龍」は、大学病院の封建的な体制を改革するために、助教授(現在は准教授)である加藤が、天才心臓外科医の朝田龍太郎をスカウトし、研修医の伊集院らと共に数々の難手術をこなしながら教授職の椅子を狙う、というストーリーです。

心臓外科や救急医療という、人の生死に日々直面する医療現場のリアルだけではなく、大学病院に勤務する医師や看護師などの人間ドラマも細かく描かれています。私が薬科大学の4年生の時に、大好きなマンガを通して医療の知識を吸収したいと思って読んでいたので、とても思い入れがある作品でもあります。

“チーム医療”の一員であることの意味とは

研修医の伊集院は、朝田の執刀する”難易度の高い手術”のメンバーに選ばれます。研修医である自分が選ばれたことに動揺しながらも、覚悟を決めてその日を待っていました。しかし、助教授の加藤は伊集院の実力を疑っており、ある手術でその能力をテストしようとします。このとき伊集院は、朝田が当然助けてくれるものだと期待していましたが、当の朝田は「何も手伝わない」と伝え、更にこのように突き放します。

すべてのコラムを読むには m3.com に会員登録(無料)が必要です

小原 一将の画像

小原 一将
こはら かずまさ

薬剤師/株式会社sing代表取締役
2009年京都薬科大学を卒業後、様々な保険薬局で勤務。薬剤師の価値をもっと社会に届けたいと考え、2019年12月に株式会社singを設立。「頼れる薬剤師が身近にある社会をつくる」をビジョンとして、薬剤師の教育や新しい働き方の支援を行っている。
Apple製品好きであり、薬剤師の業務や医療の発展に活用できないか日々考えている。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

医療マンガで学ぶ薬剤師の矜持

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師ブロガー 医療書籍 調剤報酬改定 医療過誤・ヒヤリハット 医療ニュース OTC医薬品 パーキンソン病 ファーマスタイル 医療クイズ ランキング